1. HOME
  2. ブログ
  3. 普通の税務(色々)
  4. 電子帳簿保存法
  5. 電子帳簿保存法:電子取引に関する記事まとめ

BLOG

佐和周のブログ

電子帳簿保存法

電子帳簿保存法:電子取引に関する記事まとめ

ここ最近、電子帳簿保存法の電子取引の制度に関する記事を書いてきました。

そこそこの記事数があるので、ここまでに書いた記事をまとめたいと思います。

 

1. 令和3年度税制改正後の電子取引の制度

最初にお伝えしたのは、令和3年度税制改正が適用される2022年(令和4年)1月1日以後に行う電子取引については、電子的に受け取った請求書や領収書等をデータのまま保存しなければならないということです。

逆にいうと、それを出力した書面等の保存はNGということで、要約すると、「めんどくさい」ということです。

このあたりは、以下の記事でまとめています。

電子帳簿保存法:令和3年度税制改正後の電子取引の制度
電子帳簿保存法:2022年3月期における電子取引の取扱い
電子帳簿保存法(電子取引):電子メールによる取引情報の授受

例として、メール(電子メール)で請求書なんかをやりとりするだけで、電子取引に該当するというお話をしました。

2. 電子取引の範囲と具体例

じゃあ、具体的に、「電子取引の範囲は?」ということで、以下のような記事を書きました。

電子帳簿保存法:データで保存すべき電子取引の範囲と具体例
電子帳簿保存法:従業員による経費立替は電子取引に該当するか

従業員が経費を立て替えた場合も(企業の)電子取引に該当するので、例えば、従業員がウェブ上で何か買って、PDFの領収書をダウンロードしたら、それで立派な電子取引です。

上記の記事では、ウェブ上に表示される領収書等のスクリーンショットを保存するようなケースにも触れています。

スポンサーリンク

 

3. 電磁的記録の保存等を行う場合の要件

電子的に受け取った請求書や領収書等をデータのまま保存する場合、ただ保存するだけでは済みません。

すなわち、以下の4つ(または3つ)の要件を充足する形で保存する必要があります。

(1) 改竄防止措置
(2) システム概要書等の備付け(自社開発のプログラムを使用する場合)
(3) 見読可能装置の備付け等
(4) 検索機能の確保

要約すると、「めんどくさい」ということです。

それぞれの要件について、国税庁の電子帳簿保存法Q&A(一問一答)【電子取引関係】に沿う形で、具体的に見てきました。

(1) 改竄防止措置

1つ目の要件、改竄防止措置については、以下のいずれかの対応が必要です。

①タイムスタンプが付与されたデータを受領する
②速やかに(またはその業務の処理に係る通常の期間を経過した後、速やかに)タイムスタンプを付与する
③データの訂正削除を行った場合にその記録が残るシステムまたは訂正削除ができないシステムを利用する
訂正削除の防止に関する事務処理規程を策定、運用、備付けする

私はあんまりタイムスタンプが好きじゃないので、それ以外の③と④について、以下の記事にまとめています。

電子帳簿保存法(電子取引):タイムスタンプ以外の改竄防止措置
電子帳簿保存法(電子取引):訂正削除の防止に関する事務処理の規程

事務処理規程を作るのが、たぶん一番ラクです。

(2) システム概要書等の備付け

2つ目の要件、システム概要書等の備付けについては、自社開発のプログラムを使用する場合だけの要件なので、以下でさらっと書きました。

電子帳簿保存法(電子取引):システム概要書の備付け

(3) 見読可能装置の備付け等

3つ目の要件、見読可能装置の備付け等についても、普通は余裕で充足できるので、以下でさらっと書きました。

電子帳簿保存法(電子取引):ディスプレイやプリンタの性能・設置台数

(4) 検索機能の確保

問題は4つ目の要件、検索機能の確保です。

端的には、最低限、「取引年月日等」・「取引金額」・「取引先」を検索の条件として設定できる必要があります。

なので、エクセル対応などの場合も含めて、以下にまとめています。

電子帳簿保存法(電子取引):検索機能の確保
電子帳簿保存法(電子取引):システム対応しない場合の検索機能の確保(エクセル等)
電子帳簿保存法(電子取引):売上高1,000万円以下で検索機能が不要になる場合

あ、売上高が1,000万円以下の事業者については、この要件が不要となるというお話にも触れています。

スポンサーリンク

 

4. 最低限の対応

ここまで、電子的に受け取った請求書や領収書等をデータのまま保存する場合、どういう要件を充足すればよいかを見てきました。

システム対応すれば、これらの要件の充足は難しくありませんが、できるだけ軽い対応で済ませたい場合も多いのではないでしょうか。

そこで、電子取引の制度に対する最低限の対応について書きました。

電子帳簿保存法:電子取引に関する最低限の対応(システム対応なし)

ちなみに、上記の記事は、以下の国税庁のQ&A(一問一答)の以下のQをベースにしています。

妻と2人で事業を営んでいる個人事業主です。取引の相手方から電子メールにPDFの請求書が添付されて送付されてきました。一般的なパソコンを使用しており、プリンタも持っていますが、特別な請求書等保存ソフトは使用していません。どのように保存しておけばよいですか。

なお、最後の手段は、電子データでのやり取りをゼロにする逆DX(?)です。

5. 電子データの保存方法

あとは、電子データの具体的な保存方法とか、それが完全に消失してしまった場合の取扱いとか、そんなことも書きました。

電子帳簿保存法:電子取引の種類ごとの具体的なデータ保存方法
電子帳簿保存法(電子取引):電子データの保存に係る宥恕規定
電子帳簿保存法(電子取引):データのバックアップの要否

スポンサーリンク

 

6. イレギュラー対応

で、最後に、ちょっと怖い話です。

電子帳簿保存法(電子取引):紙保存の場合の青色申告の承認の取消し
電子帳簿保存法(電子取引):電子データの改竄が行われた場合の重加算税

ちなみに、紙保存していて調査官に怒られるとき、その調査官がデジタルネイティブな感じなら、「はい、わかりました!」と素直に言えそうな気がします。

ただ、紙の化身というか紙文化の権化みたいな、昭和の香り漂う調査官に、「いやいや、時代はDXなんで」みたいに言われると、イラっときそう。

あとは、指摘する調査官の側も精神的にきつそう。そういう様子を見ると、こっちはまた悲しい気持ちにもなりそう。

言っても仕方ないことですが、この制度、何で強制なんだろうなとは思います。スキャナ保存みたいに選択できたらいいのに。

7. 最後に

こうやって一通り書いてきて確信したのは、自分が全くこの分野に興味を持てないということです。

詳細な知識を入れる前から興味は持てなかったのですが、実務で調べ物をしたりして、ある程度詳しくなった今、さらに興味が持てなくなりました。

もちろん、仕事上は必要な知識なので、それを体系化するうえで、こうやって書いてきた時間は無駄ではなかったとは思います。

うーん、やっぱり無駄だったような気がしてきた。

なので、せめて、これが誰かの役に立つといいなと願っています。

企業で対応されている皆さんのご健闘を祈りつつ、今日はここまでです。

では、では。

この記事を書いたのは…
佐和 周(公認会計士・税理士)
現 有限責任 あずさ監査法人、KPMG税理士法人を経て、佐和公認会計士事務所を開設。専門は海外子会社管理・財務DD・国際税務など。東京大学経済学部卒業、英国ケンブリッジ大学経営大学院(Cambridge Judge Business School) 首席修了 (MBA)。詳細なプロフィールはこちら

 

関連記事

佐和周のブログ|記事一覧

こどもCFOブログ|LINK

スポンサーリンク