業務内容

Our Values

How We Make a Difference

当事務所は、海外事業に係る会計・税務・財務に関するサポートに特化しています。

このように業務範囲を限定することにより、当該分野における経験とノウハウを蓄積し、高い専門性を維持しています。
専門家のサービスは無形であるがゆえに信頼度を測りづらい面がありますが、
当事務所の場合、経験やノウハウの一端は出版物やセミナーでご確認頂けます。

当事務所の特色業務分野ご契約の形態

当事務所の主なクライアントは、「海外に子会社を複数持つ日本企業」と「企業に対して海外事業のサポートを行っている会計事務所」です。 当事務所の特色をまとめると、以下のとおりです。

1. 高付加価値サービスを割安価格で

当事務所は、一般の会計事務所が対応していない高付加価値サービス(海外進出企業への会計・税務・財務を中心とするトータルサポート)に特化しており、それを大手の監査法人や税理士法人よりも割安な価格で提供致します。また、大手監査法人・税理士法人特有の「担当者による当たり外れ」もありません。

2. 会計・税務・財務を一体としたサポートを

当事務所では、会計・税務は一体で検討すべきと考えており、したがって、「税務上の取扱いは税理士法人にご確認ください」と言うこともなければ、「会計上の取扱いは監査法人にご確認ください」と言うこともありません。また、通常は相談相手を見つけることが難しい財務や資金管理に関するご質問にも対応致します。

3. 普段使いの気軽さを

当事務所の強みは、海外事業に係る幅広い知識にあります。したがって、経営企画部門や経理部門のご担当者にとっては、「詳細な調べ物をしたり、大手監査法人や大手税理士法人の担当者に質問する前段階として、当たりをつける」というような使い方も可能です。 また、海外子会社とのコミュニケーションの面では、現地と直接やり取りするなど、社内チームの一員のように業務を支援します。

4. コストの削減も

当事務所は、間接作業の排除による業務効率化を重視しており、無駄な内部資料作成のためにご担当者にお時間をとらせたり、その時間にチャージしたりすることもありません。また、業務の遂行にあたり、並行してクライアント社内の業務効率化を支援し、社内コストの削減にもご協力致します。

1. 海外子会社管理
・海外子会社管理の全般的支援(仕組みの構築)
・現地とのコミュニケーション支援、現地への同行や現地専門家との連携
・海外子会社の決算支援(連結財務諸表の品質改善)
・海外子会社の内部監査に係る支援
関連セミナー:
★「海外子会社の経理資料の見方とモニタリング、不正検出のポイント」(みずほ総合研究所主催)
2. M&A/デュー・デリジェンス
・財務デュー・デリジェンス(国内・海外)
・税務デュー・デリジェンス(国内・海外)
・専門家などへの個別アドバイス
関連書籍:
★『M&Aにおける 財務・税務デュー・デリジェンスのチェックリスト』
3. 会計/(国際)税務
・会計全般に係る顧問業務(決算や監査法人対応の支援を含む)
・国際税務全般に係る顧問業務(税務調査立会を含む)
・国際税務リスク診断
関連書籍:
★『海外進出・展開・撤退の会計・税務 Q&A』
★『海外進出企業の税務調査対策チェックリスト(第2版)』など
4. 財務/資金管理
・海外事業の資金管理の効率化支援
・海外事業からの利益還流等のシミュレーション
・海外事業に関連する(事業または)企業価値評価
関連書籍:
★『海外進出企業の資金・為替管理Q&A』など
5. その他
・各種の企業研修講師(分野:会計・税務・ファイナンス)
関連セミナー:
★過去のセミナー実績をご参照ください

「海外のことであれば、何でも相談できる(+国内のことでもだいたいは相談できる)」ということが当事務所の強みであり、
疑問が生じたらすぐに質問できる顧問契約が最もお勧めです。

1. 顧問契約

月額固定報酬方式の顧問契約で、「一定頻度でのご訪問(またはWEB会議)」+「メール等でのご質問対応」が中心になります。
顧問契約の場合、海外に関係すること「以外」でもご対応致します。最近では、収益認識会計基準やKAM、インボイス制度(消費税)や電子帳簿保存法といった分野で、サポートを行っています。また、新制度の導入時には、ご要望に応じて、社内向けの簡単な勉強会も実施しています。
具体的な報酬体系については、お気軽にお問い合わせください。

例えば、こんなことをやっています
①日常的な国際税務関連のご質問への回答
法人税では、移転価格税制やタックス・ヘイブン対策税制に関するご質問が多いです。
また、海外取引に係る消費税や源泉所得税に関するご質問も結構あります。
②特定分野における詳細なリサーチ
分野はまちまちですが、例えば、想定されるスキームについて、タックス・ヘイブン対策税制の適用有無などをチェックするケースが多くあります。また、海外子会社の再編計画について、監査法人への会計処理案の相談前に、当事務所が実態や意図を反映した会計処理をアドバイスするケースなどもあります。
③海外子会社(現地担当者)とのコミュニケーション
買収後間もない時期など、海外子会社のコントロールが必要な場合に、直接現地の担当者とメール・電話でやり取りします。また、海外出張にも同行して、海外子会社管理の仕組みの構築を支援します。
④資料の確認
例えば、海外子会社が作成した移転価格文書や現地納税申告書など、文書をどさっと頂いて、その内容や問題点をまとめてご報告します。
⑤社内説明
国際税務に係るリスク・マネジメントの重要性、移転価格リスクに対する対応の必要性、海外子会社からの資金還流方法の優先順位付け、等々のテーマについて、役員の方々向けにご説明します(資料作成を含む)。
2. スポット契約

 

数時間のご相談からプロジェクト・チームへの参加まで、スポット・ジョブのご依頼については、
①タイム・チャージ方式、または②固定報酬の形でお見積り致します。

例えば、こんなことをやっています
①タイム・チャージ方式
タイム・チャージ方式による単発のご相談テーマとしては、以下の例があります。
  • タックス・ヘイブン対策税制に関する判定や別表作成(専門家-税務申告対応)
  • 長期為替予約やクーポンスワップに対するヘッジ会計の適用可否の検討(専門家-税務調査対応)
  • 海外における買収に関する個別のご相談(専門家または経営企画部門)
  • 海外子会社からの配当ルールの策定や親子ローンに係る利率決定(財務部門)
  • 海外取引に係る消費税や源泉所得税に関するマニアックなご質問(経理部門)
②固定報酬
固定報酬によるプロジェクトとしては、デュー・デリジェンス(DD)の実施または支援が圧倒的に多いですが、その他のものを含めて、以下のような例があります。

  • 日本国内における財務・税務DDの実施(主に買収対象会社に海外子会社があるケース)
  • 海外における買収に伴う財務・税務DDの支援
  • 国際税務に係るリスクの洗い出し
  • 海外子会社管理の仕組み構築
  • (月次決算や年度決算等の適正化・早期化のほか、管理の効率化支援など)

3. 単発のご質問対応(メール+電話のみ)

 

ご質問内容をメールにまとめてお送り頂き、当事務所からメールにてご回答(資料のご送付を含む)させて頂いたうえで、お電話にてフォローさせて頂きます(なお、現在ご面談は行っておりません)。
本サービスは主に公認会計士・税理士等の専門家向けですが、企業の方のご質問にも対応致します。

お見積りはこちら