1. HOME
  2. ブログ
  3. 自著・雑誌寄稿
  4. 『これだけは押さえておこう 国際税務のよくあるケース50』がノルマをクリア!

BLOG

佐和周のブログ

自著・雑誌寄稿

『これだけは押さえておこう 国際税務のよくあるケース50』がノルマをクリア!

今日は雑談です。

国際税務のよくあるケース50

金曜日に、出版社の方から、『これだけは押さえておこう 国際税務のよくあるケース50』が増刷になるかも、というご連絡を頂きました。

 

先日、「よくあるケース50」シリーズとしてご紹介した3冊(こちら)のうちの1冊です。

この本は、初版が出たのが2014年で、2020年12月に最新の第3版が出ました(紹介記事は以下です)。

『これだけは押さえておこう 国際税務のよくあるケース50』の第3版を上梓しました

そこでも書きましたが、この本は大企業の方によく読まれているようです。異動で国際税務を担当するようになった方が「とっかかり」として使ってくださっている、というお話をよく聞きます。

スポンサーリンク

 

印税はさして重要ではない

「増刷になるかも」という点について、実際のところ、増刷になるかどうかはさして重要ではありません。

私のクラスだと印税はお小遣い程度なので、増刷による印税は「ちいかわの4巻を買えるかどうか」というレベルです。

 

嬉しい理由➀:ノルマのクリア

それよりも嬉しいのは、1つには自分の中で設定しているノルマをクリアできたからです。

在庫が残り、出版社さんにとって赤字になってしまうと、本当に凹みます

特に最近は、仕事の関係で原稿の期限を延ばして頂くことも多く、担当の方には、ただでさえご迷惑をおかけしているので(ほんとは、ちょっと怖いし)。

嬉しい理由➁:売れ続けているという事実

もう1つ嬉しいのは、この本は初版からカウントして、かれこれ8年くらい売れ続けているという点です。

初版のようにすごく売れるわけではないですが、第3版でもまだ読んで頂けているという事実は、真面目にちょっと感慨深いです。

書き手としては、こうやって細々と続いていくのが一番嬉しいものなので。

スポンサーリンク

 

いいことありそう

そういう意味で、ダブルで嬉しい出来事で、久々にテンションが上がりました。

やっぱり、いいことあるなあ。

今年の決算は結構悲惨でしたが、何とか終わりも見えてきて、これからいいことが起こる、いや、いいことしか起こらないような気がします

ということで、今日はここまでです。

では、では。

この記事を書いたのは…
佐和 周(公認会計士・税理士)
現 有限責任 あずさ監査法人、KPMG税理士法人を経て、佐和公認会計士事務所を開設。専門は海外子会社管理・財務DD・国際税務など。東京大学経済学部卒業、英国ケンブリッジ大学経営大学院(Cambridge Judge Business School) 首席修了 (MBA)。詳細なプロフィールはこちら

関連記事

佐和周のブログ|記事一覧

こどもCFOブログ|LINK

スポンサーリンク