1. HOME
  2. ブログ
  3. 国際税務
  4. 移転価格税制の基礎
  5. 2.「移転価格」を英語でいうと

BLOG

佐和周のブログ

移転価格税制の基礎

2.「移転価格」を英語でいうと

ブログは始まったばかりですが、今回はちょっと息抜きで、英語のお話です。

「移転価格」を英語でいうと

移転価格」は英語で何というのでしょうか?

答えは…

transfer priceです。まんまです。

transfer priceとtransfer pricing

じゃあ、よく言うtransfer pricingは何なのかというと、これは「移転価格を設定すること」です。

priceは価格自体、pricingは価格設定ということですね。

social distance & social distancingの関係と同じです。

スポンサーリンク

 

profit shiftingとは

移転価格税制の目的は、恣意的な所得の移転を防止することですが、そういう所得移転のための移転価格設定をabusive transfer pricingと呼ぶことがあります。

同じ意味合いで、所得移転をprofit shifting(またはshifting of profit(s))と訳すこともあります。この用語は、単に所得を移転させるという意味合いではなく、「グループ全体としての租税債務を低減できるように(to reduce the overall tax liability of the group)」というニュアンスがあります。なので、ネガティブな表現であり、BEPS(税源浸食と利益移転)のPSもこれです。

transfer pricing adjustmentとは

最後にもう1つ、transfer pricing adjustmentという表現を見かけることがあります(普通に生活してたら、まず見かけないですけど)。

このadjustmentは普通「調整」という意味で使うので、「差異調整」などと誤解されがちですが、transfer pricing adjustmentは「移転価格課税」と考えておいたほうが意味が通りやすいです。

つまり、このadjustmentは税務当局が行う調整(adjustment made by tax authorities)という意味合いです。

今日はここまでです。

移転価格税制の英語も書いていきます

このブログでは、こんな感じで、ちょっと移転価格税制に関係する英語のお話もしていきたいと思います。

移転価格税制については、英語で書かれた移転価格文書を読んだり、海外と英語でコミュニケーションを取ったり、ということも多いので。

では、では。

関連記事

佐和周のブログ|記事一覧

こどもCFOブログ|LINK

スポンサーリンク