1. HOME
  2. ブログ
  3. 英語
  4. 会計英語⑳ 「逆仕訳」(反対仕訳)を英語で

BLOG

佐和周のブログ

英語

会計英語⑳ 「逆仕訳」(反対仕訳)を英語で

今日も前回に引き続き、「話すときに使いやすい会計英語シリーズ」です。

「~仕訳」シリーズ

最近は、「何とか仕訳」ということで、「修正仕訳」(correcting entry)や「決算整理仕訳」(adjusting entry)なんかを見てきました。

もう1つ思いついたので、今日はそれを選びました。

「逆仕訳」です。

1. 「逆仕訳」を英語で

この「逆仕訳」、英語で何というのでしょうか?

答えは…

reversing entry でいいと思います。

ちなみに、「反対仕訳」も「逆仕訳」と同じものなので、この英訳OKです。

スポンサーリンク

 

reversing entryのイメージ

例えば、前期末で未収計上したものがあって、個別に入金管理してくのがめんどくさいので、その未収計上を期首に「逆仕訳」で取り消しておく感じです。そうすると、未収計上の有無にかかわらず、入金を収益計上しておけば、前期未収計上分は相殺されて勝手に消えるってことですね。

これがreversing entryのイメージです。

reverseという動詞は使い勝手がいい

以前にも以下の記事でお伝えしましたが、会計の世界ではreverseを動詞で使うことが多いです。

会計英語⑩ 「戻入する」を英語で
会計英語⑪ 「取り崩す」を英語で

動詞としてのreverseの意味合いは、「~を逆転させる」という感じだと思います。なので、そのための仕訳ということで、reversing entryです。

スポンサーリンク

 

2. 「逆仕訳を切る」を英語で

じゃあ、逆仕訳を切るというのはどう表現するでしょうか?

いつものことですが、仕訳はmakeとセットなので、以下のような感じです。

to make a reversing entry
(逆仕訳を行う)

例文だと、こんな感じでしょうか(受動態ですけど)。

Reversing entries are made at the beginning of an accounting period.
(期首に逆仕訳が切られる)

今日はここまでです。

では、では。

【今回の表現】
「逆仕訳」
➡ reversing entry
「逆仕訳を行う」
➡ to make a reversing entry

 

■あわせて読みたい

 

公認会計士(の身代わり)がオススメする英会話レアジョブ英会話に関するレポートはこちら

 

■会計英語の記事一覧はこちら

 

■会計英語の勉強法に関する記事はこちら
会計・税務の英語の勉強法-4段階で必要なスキルを考える

「(1) 単語を覚える → (2) 単語の組み合わせを覚える → (3) 英語を書く →(4) 英語で話す」の4段階に分けて、英語の勉強法(やオススメの書籍など)について書いています。

公認会計士が会計の英語を勉強したときの経過(4段階)

上記の段階に沿って、実際に私がどうやって英語の勉強をしてきたかを書いています。また、この記事の番外編では、「家出のドリッピー」的教材についても考察(?)しています。

 

この記事を書いたのは…
佐和 周(公認会計士・税理士)
現 有限責任 あずさ監査法人、KPMG税理士法人を経て、佐和公認会計士事務所を開設。専門は海外子会社管理・財務DD・国際税務など。東京大学経済学部卒業、英国ケンブリッジ大学経営大学院(Cambridge Judge Business School) 首席修了 (MBA)。詳細なプロフィールはこちら

 

 

関連記事

佐和周のブログ|記事一覧

こどもCFOブログ|LINK

スポンサーリンク