1. HOME
  2. ブログ
  3. 英語
  4. 会計英語⑪ 「取り崩す」を英語で

BLOG

佐和周のブログ

英語

会計英語⑪ 「取り崩す」を英語で

今日も前回に引き続き、「話すときに使いやすい会計英語シリーズ」です。

前回は「戻入する」をto reverseで表現しましたが、今回も同じような表現で、「取り崩す」です。

1. 「取り崩す」を英語で

この「取り崩す」、英語でどう表現したらいいでしょうか?

答えは…

これもto reverseでいいと思います(手抜き)。

to reverse A
(Aを取り崩す)

なので、取り崩すのが引当金なら、以下のような感じですね。

to reverse a provision
(引当金を取り崩す)

to reverseは便利な表現

「戻入する」と同じですが、to reverseというのは、話すときには非常に便利な表現です。誰にでも理解できて、誤解も生じにくいので。

reverseは、一般的には「逆」(名詞)とか「逆の」(形容詞)という意味ですが、会計の世界ではよく動詞で使われます。意味合いとしては、「…を逆転させる」という感じでしょうか。

なので、いったん「計上した」何かを逆転させて「取り崩す」感じです。

スポンサーリンク

 

2. 繰延税金資産を「取り崩す」を英語で

取り崩すのは、もちろん引当金でもいいのですが、日本企業がよく取り崩すのは繰延税金資産だと思います。

繰延税金資産についての「取り崩す」は、英語で何と言うでしょうか?

これは色々言い方があると思います。

to reduceを使います

個人的には、to reduceを使って、以下のように表現することが多いです。

Deferred tax assets are reduced.
(繰延税金資産が取り崩される)

今気づいたのですが、圧倒的に受動態で表現することが多いですね。能動的に取り崩すのではなく、監査法人に…いや、やめときます。

to write downも見かけます

to write downを使って、以下のように表現する人もいますね。

Deferred tax assets are written down.
(繰延税金資産が取り崩される)

to reverseでもいいのかもしれません。よくわからないですけど。

■あわせて読みたい

 

スポンサーリンク

 

3. 「何を取り崩すか」で使い分け

「取り崩す」の例を見てもわかるとおり、1つの日本語に対応する英語の訳は1つではなく、「何を」取り崩すかにより、訳を変えるのが普通だと思います。

例えば、引当金は負債なので、to write downという表現は馴染みません(たぶん)。ということで、to reverseのほうがしっくりきます。

この点は逆もまた然りで(vice versa)、1つの英語表現に対応する日本語訳も1つではないです。

例えば、上記のto write downは必ず「取り崩す」と訳すわけでもないですよね。

この点は、次回考えていきたいと思います。

今日はここまでです。

では、では。 

【今回の表現】
「Aを取り崩す」
➡ to reverse A
「引当金を取り崩す」
➡ to reverse a provision
「繰延税金資産を取り崩す」
➡ to reduce [write down] deferred tax assets

 

公認会計士(の身代わり)がオススメする英会話レアジョブ英会話に関するレポートはこちら

 

■会計英語の記事一覧はこちら

 

■会計英語の勉強法に関する記事はこちら
会計・税務の英語の勉強法-4段階で必要なスキルを考える

「(1) 単語を覚える → (2) 単語の組み合わせを覚える → (3) 英語を書く →(4) 英語で話す」の4段階に分けて、英語の勉強法(やオススメの書籍など)について書いています。

公認会計士が会計の英語を勉強したときの経過(4段階)

上記の段階に沿って、実際に私がどうやって英語の勉強をしてきたかを書いています。また、この記事の番外編では、「家出のドリッピー」的教材についても考察(?)しています。

 

この記事を書いたのは…
佐和 周(公認会計士・税理士)
現 有限責任 あずさ監査法人、KPMG税理士法人を経て、佐和公認会計士事務所を開設。専門は海外子会社管理・財務DD・国際税務など。東京大学経済学部卒業、英国ケンブリッジ大学経営大学院(Cambridge Judge Business School) 首席修了 (MBA)。詳細なプロフィールはこちら

 

 

関連記事

佐和周のブログ|記事一覧

こどもCFOブログ|LINK

スポンサーリンク