1. HOME
  2. ブログ
  3. 英語
  4. 会計英語⑫ 「評価減する」を英語で

BLOG

佐和周のブログ

英語

会計英語⑫ 「評価減する」を英語で

今日も前回に引き続き、「話すときに使いやすい会計英語シリーズ」です。

前回は「取り崩す」をto reverseで表現しました。

で、繰延税金資産を「取り崩す」については、to write downという表現もご紹介しました。

「評価減する」を英語で

このto write downには他の日本語訳を当てることもあります。

というか、そっちがメインですが、「評価減する」という訳です。

to write down A
(Aを評価減する)

受動態なら、以下のような感じです。

A is written down.
(Aは評価減される)

どこまで評価減されるのかをいいたければ、toを使って、以下のような感じいいと思います。

Inventories are written down to NRV.
(棚卸資産は正味売却価額まで評価減される)

あ、NRVというのは、net realisable valueの略です。

ちなみに、「評価減する」というのは昔の表現で、今なら「簿価を切り下げる」というのが正しい表現なんでしょうね。

でも、話すときには「評価減する」って言いますし、そんなに厳密に考えなくてもいいと思います。

スポンサーリンク

 

to write downとto write offの違い

ちなみに、to write downと同じような感じで、to write offという表現もよく見かけると思います。

両者の違いですが、to write offはゼロまでの評価減です。

to write off A
(Aをゼロまで評価減する)

つまり、to write downとは、程度の差ってことですね。

最後に

このシリーズはいったんここで終わりです。

適当に色々書いてきましたが、ここ数回の流れを確認しておくと、最初に「戻入する」という意味でto reverseという表現をお伝えしました。

会計英語⑩ 「戻入する」を英語で

で、次に、それが「取り崩す」と訳されるケースがあるという話になりました。

会計英語⑪ 「取り崩す」を英語で

でも、資産を「取り崩す」のなら、to write downでもよくて、それはまた「評価減する」と訳したほうがしっくりくるケースもあるってことで。

繰り返しになりますが、こういう表現の仕方は人によって違うので、あくまでも参考程度にお考え下さい。

「話すときに使いやすい会計英語」シリーズについては、まだまだ話はあるので、今後も続けていきたいと思います。

では、では。

【今回の表現】
「Aを評価減する」
➡ to write down A
「Aをゼロまで評価減する」
➡ to write off A

 

ただいまオンライン英会話実験中レアジョブ英会話に関するレポートはこちら

 

■会計英語の記事一覧はこちら

 

■会計英語の勉強法に関する記事はこちら
会計・税務の英語の勉強法-4段階で必要なスキルを考える

「(1) 単語を覚える → (2) 単語の組み合わせを覚える → (3) 英語を書く →(4) 英語で話す」の4段階に分けて、英語の勉強法(やオススメの書籍など)について書いています。

公認会計士が会計の英語を勉強したときの経過(4段階)

上記の段階に沿って、実際に私がどうやって英語の勉強をしてきたかを書いています。また、この記事の番外編では、「家出のドリッピー」的教材についても考察(?)しています。

 

この記事を書いたのは…
佐和 周(公認会計士・税理士)
現 有限責任 あずさ監査法人、KPMG税理士法人を経て、佐和公認会計士事務所を開設。専門は海外子会社管理・財務DD・国際税務など。東京大学経済学部卒業、英国ケンブリッジ大学経営大学院(Cambridge Judge Business School) 首席修了 (MBA)。詳細なプロフィールはこちら

 

 

関連記事

佐和周のブログ|記事一覧

こどもCFOブログ|LINK

スポンサーリンク