1. HOME
  2. ブログ
  3. 英語
  4. 会計英語② 「仕訳を切る」を英語で

BLOG

佐和周のブログ

英語

会計英語② 「仕訳を切る」を英語で

今日も前回に引き続き、「話すときに使いやすい会計英語シリーズ」です。

「仕訳」を英語で

早速ですが、「仕訳」って英語で何というのでしょうか?

答えは、journal entryです。

あんまり帳簿体系とか詳しくないですが、journalというのは「仕訳帳」で、そこへの「記入」という意味でentryですね。

文脈から明らかであれば、entryだけでも大丈夫です。

これは調べればすぐにわかることですし、何の問題もないと思います。

 

「仕訳を切る」を英語で

じゃあ、「仕訳を切る」は英語で何というのでしょうか?

と書いていて、ふと気になったのですが、仕訳って「切る」でいいんですよね? 方言だったらすみません。

私はmakeを使って、以下のように表現しています。

to make a journal entry
(仕訳を切る)

以下のように受動態で使うことも多いですね。

A journal entry is made.
(仕訳が切られる)

どうでもいいことかもしれませんが、あんまりYouとか言いたくないですし、WeとかTheyに主語を統一して話すのも気を遣うので、私はよく受動態を使います。

スポンサーリンク

 

recordという表現も可

話すときには、たぶんmakeを使うのが一番自然だと思うのですが、もう1つ、recordという動詞も使えます。以下のような感じです。

to record a journal entry
(仕訳を切る[記帳する])

recordは、会計の分野だと結構万能な動詞だと思います。

この点は、以下の記事で詳しく解説しています。
会計英語④ 「計上する」を英語で

postという表現の意味合い

これでこの話題は解決なのですが、海外子会社の担当者の人と話していると、to post a journal entryというように、postという表現も耳にします。

このpostは、元帳などに「~を転記する」という意味です。

なので、省略せずに書くと、以下のような感じだと思います。

to post a journal entry to the ledger
(仕訳を元帳に転記する)

いまや手で仕訳を転記することなんかないでしょうけど、いまだにpostという表現は使われてるってことですね。

今日はここまでです。

では、では。 

【今回の表現】
「仕訳」
➡ journal entry
「仕訳を切る」
➡ to make a journal entry

 

ただいまオンライン英会話実験中レアジョブ英会話に関するレポートはこちら

 

■会計英語の記事一覧はこちら

 

■会計英語の勉強法に関する記事はこちら
会計・税務の英語の勉強法-4段階で必要なスキルを考える

「(1) 単語を覚える → (2) 単語の組み合わせを覚える → (3) 英語を書く →(4) 英語で話す」の4段階に分けて、英語の勉強法(やオススメの書籍など)について書いています。

公認会計士が会計の英語を勉強したときの経過(4段階)

上記の段階に沿って、実際に私がどうやって英語の勉強をしてきたかを書いています。また、この記事の番外編では、「家出のドリッピー」的教材についても考察(?)しています。

 

この記事を書いたのは…
佐和 周(公認会計士・税理士)
現 有限責任 あずさ監査法人、KPMG税理士法人を経て、佐和公認会計士事務所を開設。専門は海外子会社管理・財務DD・国際税務など。東京大学経済学部卒業、英国ケンブリッジ大学経営大学院(Cambridge Judge Business School) 首席修了 (MBA)。詳細なプロフィールはこちら

 

 

関連記事

佐和周のブログ|記事一覧

こどもCFOブログ|LINK

スポンサーリンク