1. HOME
  2. ブログ
  3. 英語
  4. 会計英語⑲ 「決算整理仕訳」を英語で

BLOG

佐和周のブログ

英語

会計英語⑲ 「決算整理仕訳」を英語で

今日も前回に引き続き、「話すときに使いやすい会計英語シリーズ」です。

修正仕訳について

前回は、「修正仕訳」の訳として、私はcorrecting entryのほうが好きで、adjusting entryはイマイチじゃないか、というお話をしました。

今回は、そのお話の続きです。

1. 「決算整理仕訳」を英語で

その理由として、「修正仕訳」をadjusting entryと訳すと、「紛らわしいから」とお伝えしたのですが、何と紛らわしいかというと、「決算整理仕訳」です。

つまり、「決算整理仕訳」についても、英語では…

adjusting entryという表現を使うことがあります。

いつもどおり、makeとセットにすると、以下のような感じですね。

to make an adjusting entry
(決算整理仕訳を行う)
スポンサーリンク

 

2. 監査の文脈では

これ、監査法人に勤めていると、adjusting entry はたぶんエラーを修正するという意味の「修正仕訳」の意味で使うことが多いんじゃないかと思います。

昔の人はAJE、AJEと言う気がしますが、これはadjusting journal entryの略だと思います(歴史には詳しくないので、適当ですけど)。

3. 経理の文脈では

でも、普通に海外の経理の人たちと話していると、adjusting entryは、「決算整理仕訳」の意味で使われることも多いと思います。

例えば、What are adjusting entries?と聞いてみてください。

そうすると、人によっては、accrual, depreciation, and allowances (未収・未払計上、減価償却、引当)みたいな答えが返ってきます。

なので、そういう誤解を招かないよう、「修正仕訳」は敢えてcorrecting entryという表現を使ってます。

correctと言えば、「もとが間違っていること」が明らかなので、「ああ、訂正してんだな」というのがわかりやすいということです。

スポンサーリンク

 

4. 「決算整理仕訳」を他の言い方で

ということは、決算整理仕訳を表現したいときにも、逆にadjusting entryだと紛らわしい可能性があるってことですね。

じゃあ、他にどういう表現があるかですが、year-end adjustment という表現もあります。これだと、決算のときにやるものなので、あんまり誤解は招かないんじゃないでしょうか。

まあ、決算整理仕訳という日本語自体、あんまり使われない気がしますが。。。

いずれにしても、会話でのコミュニケーションなら、言葉をどんどん継ぎ足していけば、誤解はすぐに解けるはずなので、言いたいことをちゃんと伝えるための努力が必要だと思います。

今日はここまでです。

では、では。

【今回の表現】
「決算整理仕訳」
➡ adjusting entry(またはyear-end adjustment)
「決算整理仕訳を行う」
➡ to make an adjusting entry

 

公認会計士(の身代わり)がオススメする英会話レアジョブ英会話に関するレポートはこちら

 

■会計英語の記事一覧はこちら

 

■会計英語の勉強法に関する記事はこちら
会計・税務の英語の勉強法-4段階で必要なスキルを考える

「(1) 単語を覚える → (2) 単語の組み合わせを覚える → (3) 英語を書く →(4) 英語で話す」の4段階に分けて、英語の勉強法(やオススメの書籍など)について書いています。

公認会計士が会計の英語を勉強したときの経過(4段階)

上記の段階に沿って、実際に私がどうやって英語の勉強をしてきたかを書いています。また、この記事の番外編では、「家出のドリッピー」的教材についても考察(?)しています。

 

この記事を書いたのは…
佐和 周(公認会計士・税理士)
現 有限責任 あずさ監査法人、KPMG税理士法人を経て、佐和公認会計士事務所を開設。専門は海外子会社管理・財務DD・国際税務など。東京大学経済学部卒業、英国ケンブリッジ大学経営大学院(Cambridge Judge Business School) 首席修了 (MBA)。詳細なプロフィールはこちら

 

 

関連記事

佐和周のブログ|記事一覧

こどもCFOブログ|LINK

スポンサーリンク