1. HOME
  2. ブログ
  3. 雑感
  4. 土日にオススメの書籍紹介:『鉄緑会 東大英単語熟語 鉄壁』

BLOG

佐和周のブログ

雑感

土日にオススメの書籍紹介:『鉄緑会 東大英単語熟語 鉄壁』

このブログでは、不定期でオススメの本をご紹介しています。

今回は『鉄緑会 東大英単語熟語 鉄壁』です

今回は、平日用ではなく土日用ということで、『鉄緑会 東大英単語熟語 鉄壁』という本(改訂版のほう)です。

 

タイトルからもわかるとおり、受験生向けの本です。

ただ、この記事は、受験生に向けて書いているわけではありません(受験生にもオススメですけど)。

スポンサーリンク

 

なぜ受験生以外にもオススメなのか

このブログでは、「話すときに使いやすい会計英語」シリーズということで、色々な英語表現を書いていますが、この本はそのシリーズと親和性が高いです。

(1) 日常会話で使える単語が多い

順番にご説明すると、まず、海外とのやり取りがメールのみであれば、使う英語表現は限られると思います。

一方で、例えば、電話で話したり、現地に行ったりということがあれば、もう少し幅の広い表現が必要になってきます。『鉄緑会 東大英単語熟語 鉄壁』は、そういうときのために、効率的に単語・熟語を積み上げるのに使えそうな本だということです。

というのも、この本の場合、大学受験のためだけではなく、日常会話や仕事でも「使える」単語(や熟語)の割合が極めて高いと思います(私の個人的な印象に過ぎませんが)。

(2) ジャンルごとに単語が整理されている

また、ジャンルごとに単語が整理されているので、この点も会話で使うときに便利です。

例えば、「証明・見積り」というジャンルでは、「証明」っぽい動詞でいうと、proveとか、demonstrateとか、illustrateとか。「見積り」っぽい動詞のほうは、まんまですが、estimateとかunderestimateとか。ついでに関連する名詞も載ってたりします。

会話では、繰り返し同じ単語を使うと不自然になるので、複数の似たような単語を整理して覚えておく必要がありますが、この本はそういう整理にも使えるということですね。

(3) 読むのに抵抗が少ない

あとは、さすがに大人だと、すでに知っている単語・熟語も多いはずです。

書いてある単語の10割がわからない本は読む気にならないですが、6~7割わかる本だと、読むのにも抵抗が小さいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

有名私大の過去問で撃沈

そういえば、私は最近、某有名私大の英語の過去問を軽く解く機会があったのですが(何をやっているのか)、並べ替え問題でうまく並べ替えられず、下線部の誤りを見つける問題で誤りを見つけられませんでした。長文はさすがに読めるのですが、選択肢からは正しいと思われる答えが見つからず、「これ、自分なら落ちるかもな」と思いました。これを解いている受験生、偉いなあと。

私を基準にする意味は特にないのですが、社会人がそういう英語を学んでも仕方ないと思います。「うわー、イギリスから来たメール、語順がバラバラだから、今から並べ替えないと…」とか、「えー、アメリカから来たメール、下線部分がめっちゃ微妙に間違ってるやん」とか、そういう状況はまずないですし。普通に使う知識ではないってことで。

この『鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁』という本をオススメするのは、そのあたりの心配がない(社会人が使えない知識を詰め込んでしまう可能性が低いからです。

そして、「鉄緑会」という謎の組織。普通に生活していれば、まず関わることのない人たちが行くところですね。鉄緑会出身の人に会ったことはあっても、現実に存在する組織なのかについては定かではないです。しかも、鉄緑会の「鉄壁」。堅そうですね(棒)。

スポンサーリンク

 

私が高校生のときに使っていた本

私が高校生のときは、まだこの本はなかったので、『試験にでる英単語』という本を使っていました。

 

これも結構使える単語は多いと思っていました。が、『鉄緑会 東大英単語熟語 鉄壁』のほうが総合力で見て上だと思います。

2つの本で同じ単語を扱っていることも多いですけど。

なぜ土日にオススメか

ちなみに、なぜこの本が土日にオススメかというと、平日の通勤時間やお昼休憩時などに読んでいると、「え? 今から東大目指すんですか?」みたいな、あらぬ誤解を招いてしまうリスクがあるからです。

鉄緑会という組織と関係があると思われても困りますしね(知らんけど)。

あとは子供の受験勉強の苦労がちょっとわかって、理解のあるお父さん・お母さんに近付けるかもしれません。逆にウザがられるかもしれないですが、それは個々の関係性によるので、この本に責任はないような気もします。

最近はちょっと忙しく、仕事のことを書く気にならなかったので、この本を選びました。

今日はここまでです。

では、では。

 

この記事を書いたのは…
佐和 周(公認会計士・税理士)
現 有限責任 あずさ監査法人、KPMG税理士法人を経て、佐和公認会計士事務所を開設。専門は海外子会社管理・財務DD・国際税務など。東京大学経済学部卒業、英国ケンブリッジ大学経営大学院(Cambridge Judge Business School) 首席修了 (MBA)。詳細なプロフィールはこちら

 

関連記事

佐和周のブログ|記事一覧

こどもCFOブログ|LINK

スポンサーリンク