1. HOME
  2. ブログ
  3. 英語
  4. 会計英語 「租税公課」を英語で

BLOG

佐和周のブログ

英語

会計英語 「租税公課」を英語で

今日は、以下の書籍から、会計に関する英単語を抜き出しています。

 

が、今日は上記の書籍には書かなかったものです。

税務通信の連載で

じゃあ、どこに書いたかというと、税務通信さんの「税務の英語・基礎の基礎」という連載です。

細々と続いており、たまに「連載、楽しみにしています!」と声をかけてもらったりして、こっそりと喜んだりしています。

租税公課を英語で

本題に入りますが、「租税公課」って、英語で何というのでしょうか?

上記の連載に書いたのは…

taxes and duesという表現です。

スポンサーリンク

 

duesとかpublic duesとか

ちなみに、ここでのduesは「賦課金」という意味です。

日本語として、「公課」は、国や地方公共団体によって課されるもの(納めるもの)という意味のようですが、「租税公課」という勘定科目では、「租税」を別扱いしているので、「租税以外で国や地方公共団体に納めるもの」という意味合いでしょうか。

仮にそのような意味だとすると、確かに「公課」の訳として、duesはピッタリだと思いますし、公のものであることを明確にしたければ、public duesでもOKです。

スポンサーリンク

 

SG&Aのほう

なお、「租税公課」は、販売費及び一般管理費(SG&A: selling, general and administrative expenses)に入ってるほうです。

「法人税、住民税及び事業税」はcurrent tax expenseと訳します。

今回はここまでです。

では、では。

 

 

■会計英語の記事一覧はこちら

 

■会計英語の勉強法に関する記事はこちら
会計・税務の英語の勉強法-4段階で必要なスキルを考える

「(1) 単語を覚える → (2) 単語の組み合わせを覚える → (3) 英語を書く →(4) 英語で話す」の4段階に分けて、英語の勉強法(やオススメの書籍など)について書いています。

公認会計士が会計の英語を勉強したときの経過(4段階)

上記の段階に沿って、実際に私がどうやって英語の勉強をしてきたかを書いています。また、この記事の番外編では、「家出のドリッピー」的教材についても考察(?)しています。

 

この記事を書いたのは…
佐和 周(公認会計士・税理士)
現 有限責任 あずさ監査法人、KPMG税理士法人を経て、佐和公認会計士事務所を開設。専門は海外子会社管理・財務DD・国際税務など。東京大学経済学部卒業、英国ケンブリッジ大学経営大学院(Cambridge Judge Business School) 首席修了 (MBA)。詳細なプロフィールはこちら

 

 

関連記事

佐和周のブログ|記事一覧

こどもCFOブログ|LINK

スポンサーリンク