1. HOME
  2. ブログ
  3. 消費税
  4. インボイス制度:国税庁ウェブサイトからの公表情報ダウンロードが再開

BLOG

佐和周のブログ

消費税

インボイス制度:国税庁ウェブサイトからの公表情報ダウンロードが再開

消費税のインボイス制度(適格請求書等保存方式)について、身バレ問題の続報です。

 

1. ダウンロードページの一時閉鎖

以下の記事に書いたとおり、国税庁は、2022年9月22日にダウンロードページを一時閉鎖しました。

インボイス制度:国税庁ウェブサイトからの公表情報ダウンロードは一時的に停止

経緯として、国税庁の公表サイトにはデータダウンロード機能というものがあって、もともと適格請求書発行事業者の公表情報のデータをダウンロードすることが可能でした。全件データファイルということで、そこには個人事業主の名前や登録番号が掲載されていたのですが、上記の「お知らせ」はその提供を一時的に見合わせるというものです。

「身バレ懸念」への対応の話ということのようです(身バレ問題についてはこちら)。

スポンサーリンク

 

2. 国税庁からのお知らせ:全件データファイルの提供再開について

でも、国税庁は、4日後の2022年9月26日に以下の「お知らせ」を出して、ダウンロードページを再開しています。

全件データファイルの提供再開について

3. 公表情報の見直し

新しく公表された情報では、個人事業者に関して、ダウンロード・ファイルで公表する情報が見直されています

新たに提供されている全件ファイルでは、以下の10項目の値が削除されています。

  1. 本店又は主たる事務所の所在地(公表申出)
  2. 本店又は主たる事務所の所在地都道府県コード(公表申出)
  3. 本店又は主たる事務所の所在地市区町村コード(公表申出)
  4. 日本語(カナ)
  5. 氏名又は名称
  6. 国内において行う資産の譲渡等に係る事務所、事業所その他これらに準ずるものの所在地
  7. 国内において行う資産の譲渡等に係る事務所、事業所その他これらに準ずるものの所在地都道府県コード
  8. 国内において行う資産の譲渡等に係る事務所、事業所その他これらに準ずるものの所在地市区町村コード
  9. 主たる屋号
  10. 通称・旧姓

氏名が削除されているので、「身バレ懸念」への対応はバッチリです。さすが対応が早いですね。

スポンサーリンク

 

4. 素朴な疑問

現時点で私の疑問は1つだけです。

現在の全件ファイルでは、個人の場合、登録番号が列挙されているだけに見えます。対応する氏名も無くて、これ、何の目的で使うものなんでしょうか?

きっとわかる人にはわかる何かがあるんでしょうね。

今日はここまでです。

では、では。

■インボイス制度に関する記事の一覧はこちら

 

インボイス制度に関するオススメの書籍です(私の本ではないです。紹介記事はこちら)。

 

この記事を書いたのは…
佐和 周(公認会計士・税理士)
現 有限責任 あずさ監査法人、KPMG税理士法人を経て、佐和公認会計士事務所を開設。専門は海外子会社管理・財務DD・国際税務など。東京大学経済学部卒業、英国ケンブリッジ大学経営大学院(Cambridge Judge Business School) 首席修了 (MBA)。詳細なプロフィールはこちら

 

関連記事

佐和周のブログ|記事一覧

こどもCFOブログ|LINK

スポンサーリンク