1. HOME
  2. ブログ
  3. 国際税務
  4. 国際税務一般
  5. GloBEルールにおける実効税率(ETR)を簡単に(第2の柱)

BLOG

佐和周のブログ

国際税務一般

GloBEルールにおける実効税率(ETR)を簡単に(第2の柱)

今は新しい国際課税の枠組みに関して、GloBEルールのことを書いています。

 

1. GloBEルール

GloBEルールは、最低税率(15%)を導入する「Pillar Two(第2の柱)」の構成要素の1つで、多国籍企業に対する最低限の税負担を確保するために導入される国内法上の措置です。

今日は、このGloBEルールにおける実効税率(ETR)の計算について。

2. GloBEルールにおける実効税率の位置付け

GloBEルールにおいて、最も重要な作業と思われるのが、実効税率(ETR:Effective Tax Rate)の計算です。

これは、実効税率が15%を下回った場合、その国・地域に所在する構成事業体について、GloBEルールに基づく課税が生じる可能性があるためです。

重要なポイントが、GloBEルールにおける実効税率は、国・地域ごとに計算するものだということです。逆にいうと、事業体ごとに実効税率を計算するわけではありません。

スポンサーリンク

 

3. GloBEルールにおける実効税率の計算

GloBEルールにおける実効税率は、シンプルには「税額/所得」で計算されますが、分母子それぞれをGloBEルールの規定に基づいて計算する必要があり、実際の計算はもう少し複雑です。

せっかくなので、GloBEモデル・ルールにおける定義を書くと、以下のとおりです。

The Effective Tax Rate of the MNE Group for a jurisdiction is equal to the sum of the Adjusted Covered Taxes of each Constituent Entity located in the jurisdiction divided by the Net GloBE Income of the jurisdiction for the Fiscal Year.

つまり、前回の計算手順でまとめたとおり、国・地域ごとの実効税率は、以下の算式で計算されるということです。

実効税率=調整対象税金(Adjusted Covered Taxes)÷純GloBE所得(Net GloBE Income)

分母である純GloBE所得(Net GloBE Income)と分子である調整対象税金(Adjusted Covered Taxes)について、それぞれが何を意味するかについては、次回以降に書いていきたいと思います。

超単純化すると、分母は「税引前利益」、分子は「税金費用(=当期税金費用+繰延税金費用)」なので、財務会計上の数値がベースになります。

ただ、そんな単純化ができないくらいの過酷な調整が入るので、大企業の方は覚悟しましょう。

今日はここまでです。

では、では。

関連記事

佐和周のブログ|記事一覧

こどもCFOブログ|LINK

スポンサーリンク