1. HOME
  2. ブログ
  3. 国際税務
  4. 国際税務一般
  5. GloBEルールにおける純GloBE所得とは(第2の柱)

BLOG

佐和周のブログ

国際税務一般

GloBEルールにおける純GloBE所得とは(第2の柱)

今は新しい国際課税の枠組みに関して、GloBEルールのことを書いています。

 

1. GloBEルールと実効税率計算上の純GloBE所得

GloBEルールは、最低税率(15%)を導入する「Pillar Two(第2の柱)」の構成要素の1つで、多国籍企業に対する最低限の税負担を確保するために導入される国内法上の措置です。

前回は、このGloBEルールにおける実効税率(ETR:Effective Tax Rate)の計算について書きました(以下の算式)。

実効税率=調整対象税金(Adjusted Covered Taxes)÷純GloBE所得(Net GloBE Income)

今回は、計算式の分母である純GloBE所得について。

2. 純GloBE所得とは

純GloBE所得(Net GloBE Income)は、端的には、その国・地域に所在する各構成事業体に係るGloBE所得とGloBE損失の合計額です。

なので、そもそも、GloBE所得とGloBE損失が何かが問題ですね。

スポンサーリンク

 

3. GloBE所得またはGloBE損失の計算

ということで、まず計算すべきは、GloBE所得またはGloBE損失です。

両者に違いはなく、プラスの金額であればGloBE所得(GloBE Income)、マイナスの金額であればGloBE損失(GloBE Losses)という言い方をするだけです。

これらは、具体的には以下のように計算します。

(1) 会計上の純損益(Financial Accounting Net Income or Loss)

まず、ベースとなる金額は、構成事業体の会計上の純損益(Financial Accounting Net Income or Loss)であり、これに諸々の調整を加える流れになります。

会計上の純損益というのは、基本的に最終親会社の連結財務諸表を構成する純損益で、取引高の相殺消去前(before any consolidation adjustments eliminating intra-group transactions)の金額です。

つまり、スタートは財務会計上の数字ということで。

(2) 会計上の純損益に対する調整

この会計上の純損益に、以下の項目に関する調整を行うことでGloBE所得または損失(GloBE Income or Loss)が計算されます。

(a) Net Taxes Expense;
(b) Excluded Dividends;
(c) Excluded Equity Gain or Loss;
(d) Included Revaluation Method Gain or Loss;
(e) Gain or loss from disposition of assets and liabilities excluded under Article 6.3;
(f) Asymmetric Foreign Currency Gains or Losses;
(g) Policy Disallowed Expenses;
(h) Prior Period Errors and Changes in Accounting Principles; and
(i) Accrued Pension Expense

主な調整対象という意味では、一定の税金費用、一定の配当、持分法投資損益(Excluded Equity Gain or Lossに含まれる)、再評価モデルに係る評価差損益、退職給付費用といったところでしょうか。

細かなところを見ていくと、結構めんどくさそうです。

スポンサーリンク

 

4. 純GloBE所得または純GloBE損失の計算

GloBE所得または損失が計算できれば、その先は簡単で、その国・地域に所在する各構成事業体に係るGloBE所得とGloBE損失の合計額を計算するだけです。

その結果(合計額)がプラスであれば、純GloBE所得です(マイナスであれば純GloBE損失)。

この純GloBE所得が、その国・地域の実効税率を計算する際の分母になるということで。

今日はここまでです。

では、では。

関連記事

佐和周のブログ|記事一覧

こどもCFOブログ|LINK

スポンサーリンク