1. HOME
  2. ブログ
  3. 雑感
  4. 海外子会社管理支援という公認会計士のお仕事

BLOG

佐和周のブログ

雑感

海外子会社管理支援という公認会計士のお仕事

今日も雑談です。

1. 海外子会社管理支援というお仕事

昨日『これだけは押さえておこう 海外子会社管理の会計・税務・財務ケース50』のことを書きました。

本の内容そのままですが、今日は海外子会社管理支援というお仕事について書きます。忘れかけていたのですが、普段の仕事内容を書いている途中だったので。

 

一般的な業務内容かどうかはよくわかりませんが、私にとってはメインのお仕事です。

2. ご依頼頂く経緯は様々

そもそも「海外子会社管理の支援を依頼しよう」と思いつくような分野ではない気がするので、私がこのタイプのお仕事をご依頼頂いた経緯も様々です。

主にはセミナーにお越しくださって、キャラを気に入って頂いた(?)ケースと、海外での買収のお手伝いをして、そのまま自然な流れで(PMI的に)新規子会社の管理をサポートさせて頂いたケースが多いとは思います。

ただ、全然関係ないところで、現地に(タックス・ヘイブン対策税制の)資料依頼をしていて、現地の担当の方と相性がいいということで、なぜかそのままお仕事を頂いたりなんかも。なので、ほんと様々です。

スポンサーリンク

 

3. 海外子会社管理支援の内容

(1) 海外子会社に関することなら何でも

海外子会社管理支援というとカッコいいですが、実態は「よろず相談」という感じです。カバーするのは「海外子会社が関係することなら何でも」です。

そういう意味では、本当に幅広い業務だと思います。実際にお話する相手も幅広くて、色々な部門の担当の方々のほか、取締役や監査役とお話することもよくあります。もちろん、日本語だけじゃなくて、海外子会社の担当の方とは英語でしゃべります(特に急ぎのときや複雑な事情があるとき)。

海外に子会社があれば、色々と問題が起きるのが普通です。それは連結財務諸表に影響する問題であったり、移転価格税制に関係する問題であったり。また、意味なく現地に資金が溜まっていることもあれば、不正っぽい取引が見つかることもあります。

でも、それ以前の問題として、海外との取引の場合、単なる送受金の段階から、租税条約のことを考えたり、源泉徴収の要否を判断したり、外国税額控除の問題を検討したり、ということも必要になってきます。

日本側の管理部門の方たちを見ていると、「その人員でよくそこまでやってるなあ」と感心することも多いです。

(2) 全体像を明らかに

考えるだけでもしんどいですが、そういう幅広い分野について、「全体像を明らかにすること」や「それを前提として業務の振分けをサポートすること」が私の大きな仕事の1つだと思っています。

例えば、何かテーマがあったら、要検討事項が会計の問題なのか、税務の問題なのか、現地側の問題なのか、日本側の問題なのか、等々の振り分けを考える必要があります(実際には、法務の問題も)。

また、日本側の問題(連結財務諸表や日本の税制上の問題)は基本的に私が対応できますが、現地側の問題(主に現地の税制上の問題)は専門家に関与してもらうかどうかも考えなければなりません。具体的には、海外子会社が普段やり取りしている会計事務所で足りるのか、ちょっとコストはかかっても、大手にお願いしたほうがよいのか。そのあたりを日本側の管理部門の方々と相談するイメージです。

スポンサーリンク

 

4. 海外子会社管理支援のメリット

次に、海外子会社管理支援をご依頼頂くことのメリットですが… 書こうとしたものの、よくわかりませんでした(笑) 

現地に駐在員がいないとか、日本側に管理のためのリソースないとか、そういうケースは、あからさまに日本側の管理機能を代替しているので、メリットもわかりやすいです。

でも、それ以外のケースでは、どうなんでしょう? 非常時の対応なんかで安心感があったり、「外部の専門家(=私)がそう言ってる」みたいに社内の説得にうまく使ってもらったり、そういうところはあるのかなと思いますが… まあ、また考えておきます(笑)

スポンサーリンク

 

5. 適当な力加減で

ちなみに、海外子会社管理の本を書いておいて、こんなことを言うのも何なんですが、この分野は「まあこんなもんでいいんじゃないですか」みたいな力加減が大事です。

思い返してみると、日本側の管理部門の方とそういう話をしているケースは多いような気がします。やらなすぎると危険だし、やりすぎるとコスト倒れになるし、そのあたりのバランスの見極めが難しいのかもしれませんね。

何かよくわからない内容になりましたが、今日はここまでです。

業務内容に関するお問い合わせは以下からお願いします。

 

では、では。

 

この記事を書いたのは…
佐和 周(公認会計士・税理士)
現 有限責任 あずさ監査法人、KPMG税理士法人を経て、佐和公認会計士事務所を開設。専門は海外子会社管理・財務DD・国際税務など。東京大学経済学部卒業、英国ケンブリッジ大学経営大学院(Cambridge Judge Business School) 首席修了 (MBA)。詳細なプロフィールはこちら

 

関連記事

佐和周のブログ|記事一覧

こどもCFOブログ|LINK

スポンサーリンク