1. HOME
  2. ブログ
  3. 英語
  4. 会計英語(英和編) ADRという略語の2つの意味は?

BLOG

佐和周のブログ

英語

会計英語(英和編) ADRという略語の2つの意味は?

今日は、以下の書籍から、会計に関する英単語を抜き出しています。

 

ADR

会計の分野で ADRはどういう意味でしょうか?

答えは…

American Depositary Receiptの略で、「米国預託証書」という意味ですね。

スポンサーリンク

 

別のADR

ただ、別のADRもあります。

alternative dispute resolutionの略であれば、「裁判外紛争処理」という意味になります。

今回はここまでです。

では、では。

 

公認会計士(の身代わり)がオススメする英会話レアジョブ英会話に関するレポートはこちら

 

この記事を書いたのは…
佐和 周(公認会計士・税理士)
現 有限責任 あずさ監査法人、KPMG税理士法人を経て、佐和公認会計士事務所を開設。専門は海外子会社管理・財務DD・国際税務など。東京大学経済学部卒業、英国ケンブリッジ大学経営大学院(Cambridge Judge Business School) 首席修了 (MBA)。詳細なプロフィールはこちら

 

関連記事

佐和周のブログ|記事一覧

こどもCFOブログ|LINK

スポンサーリンク