1. HOME
  2. ブログ
  3. 英語
  4. 第7回 機能分析を英語でいうと

BLOG

佐和周のブログ

英語

第7回 機能分析を英語でいうと

今回はちょっと息抜きで、英語のお話です。

「機能分析」を英語でいうと

機能分析は英語で何というのでしょうか?

答えは…

functional analysisです。

functionが「機能」なので、まんまです。

が、これで終わるとあまりにも短いので、もうちょっと見ていきます。

スポンサーリンク

 

functional analysisのニュアンス

一般にfunctional analysisというと、ニュアンスとして、機能だけの分析ではなく、使用した資産や引き受けたリスクの分析も含みます。

よく使う便利な表現

もう1つ、機能分析に関連して、よく使う便利な表現です。

日本語でも、当事者が「果たした機能」・「使用した資産」・「引き受けたリスク」という表現をよく見かけると思いますが、これは英語でも同じで、それぞれ以下のように訳すことが多いです。

  • functions performed
  • assets used
  • risks assumed

ちなみに、ここでのassumeは「…を引き受ける」って意味ですね。

こういう表現は、共通言語のようなものなので、覚えておくと便利かもしれません。海外とのコミュニケーションのときに、サラッと使えるので。

では、では。

■移転価格税制に関するトピックの一覧はこちら

 

関連記事

佐和周のブログ|記事一覧

こどもCFOブログ|LINK

スポンサーリンク