1. HOME
  2. ブログ
  3. 会計
  4. 会計一般
  5. 第3回 B/Sを左右に切り分けてみる-資金調達と投資

BLOG

佐和周のブログ

会計一般

第3回 B/Sを左右に切り分けてみる-資金調達と投資

今日のお話
今日は、B/Sを左右に切り分けます。左側の資産サイドは「企業がどのような事業に投資しているか」を示し、右側の負債・純資産サイドは「企業がどのようにその投資資金を調達しているか」を示します。その意味で、B/Sを見れば、企業活動の全体像が読み取れるはずです。

第2回 B/Sを3つの構成要素に分けてみる-資産・負債・純資産では、貸借対照表(以下「B/S」)について、資産・負債・純資産という3つの要素を確認しました。

今回は、そのB/Sを左右に切り分けてみたいと思います。

B/Sの左右の意味合い

まず、B/Sには企業の保有する資産と負債がすべて記載されているので、企業の全活動がB/Sに集約されているといっても過言ではありません。

その企業の活動については、様々な見方がありますが、1つの見方として、「金融市場から資金を調達し、それを事業に投資し、その投資から資金を回収し、それを利子や配当の形で金融市場に還元する」という一連の流れと捉える視点があります。コーポレート・ファイナンス(企業財務)っぽい視点ですね。

 

B/Sは、基本的にこの資金の流れを表しています。つまり、右側(負債・純資産サイド)から資金が入ってきて、それが左側(資産サイド)で実物資産に投資されている、ということです。

この点を確認するために、上の図を左右で詰めてみます。

 

うん、B/Sらしくなりましたね。

例えば、前回見たB/Sには、右側に「短期借入金」や「資本金」などがありましたが、こういうのは銀行や株主からの資金調達の結果表れるものです。

で、それらにより得た資金を投資して、B/Sの左側の資産になっているわけですね。

そんな感じで、今からB/Sの左右を見ていきます。

B/Sの左側=投資

このような見方でB/Sを見ると、その左側は、企業による事業投資の結果を表していることになります。つまり、企業が「調達した資金をどのように投資したか」という意味合いです(もちろん、投資せずにキャッシュのまま持っていることもあるでしょうけど)。

そうすると、資産は「企業が調達した資金を投資した結果」と整理できますね。

また、このB/S左側の合計を「総資産」と呼びますが、総資産は「企業がどれだけの投資をしているか」を示すという意味で、企業の現時点における規模を表す指標といえます。

そして、その投資の結果である資産が、その成果(将来の利益やキャッシュ・フロー)を生み出すわけです。端的には、事業からのキャッシュ・フローということで、いわゆる営業活動によるキャッシュ・フローですね。

B/Sの右側=資金調達

一方、B/Sの右側は、企業が「資金をどのように調達しているか」を表していることになります。言い換えると、その企業が投資を行ったとき、その基礎となる「資金の源泉がどうなっているか」を示しているということです。

B/Sの右側にあるのは、負債や純資産です。

負債は、銀行借入のように、「返済の必要がある資金調達」と整理でき、一方で、純資産は、株式発行のように、「返済の必要がない資金調達」と整理できます。

また、負債部分は返済の必要があるだけでなく、借入金などの有利子負債については、利息の支払いも必要になります。これに対して、純資産は返済の必要はなく、利益が出れば、配当などの形で株主に還元していくことになります。

B/S=資金調達と投資

前回は、B/Sの構成要素を以下のように解釈しました。

資産=将来プラスのキャッシュに変わるもの
負債=将来マイナスのキャッシュに変わるもの
純資産=その差額(将来のネット・キャッシュ)

これがB/Sの1つの見方です。

それに対して、今回はB/Sの以下のように解釈しました。

右側=負債+純資産=資金の調達
左側=資産=調達した資金の投資

このコーポレート・ファイナンス的な視点がB/Sの全体像のもう1つの見方です。

今日はここまでです。次回は、左右に切り分けたB/Sのうち、右側の資金調達について、もうちょっと詳しく見てみます。

では、では。

この記事を書いたのは…
佐和 周(公認会計士・税理士)
現 有限責任 あずさ監査法人、KPMG税理士法人を経て、佐和公認会計士事務所を開設。専門は海外子会社管理・財務DD・国際税務など。東京大学経済学部卒業、英国ケンブリッジ大学経営大学院(Cambridge Judge Business School) 首席修了 (MBA)。詳細なプロフィールはこちら

 

関連記事

佐和周のブログ|記事一覧

こどもCFOブログ|LINK

スポンサーリンク