1. HOME
  2. ブログ
  3. 雑感
  4. 『M&Aにおける財務・税務デュー・デリジェンスのチェックリスト』の増刷回数が判明

BLOG

佐和周のブログ

雑感

『M&Aにおける財務・税務デュー・デリジェンスのチェックリスト』の増刷回数が判明

私がこれまでに書かせてもらった書籍のなかに、『M&Aにおける財務・税務デュー・デリジェンスのチェックリスト』という本があります。

『M&Aにおける財務・税務デュー・デリジェンスのチェックリスト』

この本、2016年に出たのですが、ずーっと売れ続けています。

 

デュー・デリジェンスかデュー・ディリジェンスか

ちなみに、AmazonのKindle版はなぜか『M&Aにおける財務・税務デュー・ディリジェンスのチェックリスト』というタイトルになっています。

誰が決めたのかわからないのですが、どうしてもdiligenceを正しく発音したい人だったんでしょうか。

そういえば、「タックス・ヘイブン」のことも「タックス・ヘイヴン」と書かないと気が済まない人がいますね。

ちなみに、私が「デュー・デリジェンス」というタイトルにこだわったのは、「デュー・デリ」とは言うけど、「デュー・ディリ」とは言わないからです(どうでもいい)。

スポンサーリンク

 

増刷回数が多い

この本は、改訂版も書いていないので、私の本の中では増刷の回数が一番多いんじゃないかと思います。

10回目の増刷くらいまでは覚えていたのですが、その後は何回目かわからなくなっていました。

増刷の都度、中央経済社さんからは1冊頂けるので、それで確認すればいいのだけなのですが、めんどくさいこともあり。。。

ただ、ふとブログに書こうと思い立ち、今週届いた『M&Aにおける財務・税務デュー・デリジェンスのチェックリスト』の奥付を見てみました。

すると…

16刷でした(もう上に写真があるけど)。

他人事のようですが、結構すごいですね。

ご購入くださった皆さま、本当にありがとうございました。

「本を送って」というクライアントの方はご連絡を!

中央経済社さんから累計で15冊頂いたということになるので、その結果、この本は私のところで滞留しています。

コロナ前みたいに出歩いていれば、クライアントとの打ち合わせ時に「いりませんか?」みたいに持って行けるのですが、ウェブ会議で聞くのはちょっと気が引けることもあり。。。

クライアントの方で、もし「1冊送って!」という方がいらっしゃったら、メールでご連絡ください。先着順ですぐに送ります。

では、では。

 

この記事を書いたのは…
佐和 周(公認会計士・税理士)
現 有限責任 あずさ監査法人、KPMG税理士法人を経て、佐和公認会計士事務所を開設。専門は海外子会社管理・財務DD・国際税務など。東京大学経済学部卒業、英国ケンブリッジ大学経営大学院(Cambridge Judge Business School) 首席修了 (MBA)。詳細なプロフィールはこちら

 

関連記事

佐和周のブログ|記事一覧

こどもCFOブログ|LINK

スポンサーリンク