1. HOME
  2. ブログ
  3. 英語
  4. 会計英語㉝ 「記帳する」を英語で

BLOG

佐和周のブログ

英語

会計英語㉝ 「記帳する」を英語で

今日も「話すときに使いやすい会計英語シリーズ」です。

頂いたご質問への回答

今日と明日は、企業の方から頂いたご質問へのご回答です。

当然のことですが、ご本人にこの記事でご回答しているわけではなく、単に雑談してるときにお答えした内容をまとめただけです。ウェブ会議の合間に「これってどう訳しますか?」と聞かれて、「それはブログで回答します」と答えたら、常識的に考えて、その時点で顧問契約は終了だと思います。

1. 「記帳する」を英語で

1つ目のご質問は、「記帳する」という表現についてです。

これって英語で何というのでしょうか?

答えは…

to recordでいいんじゃないでしょうか。

to record A
(Aを記帳する)

例えば、以下のような感じです。

to record a journal entry
(仕訳を記帳する)
to record a transaction
(取引を記帳する)
スポンサーリンク

 

2. 「計上する」と同じでは?

ちなみに、以下の記事でもto recordという表現を使いました。

会計英語④ 「計上する」を英語で

私は「記帳する」の意味も、「計上する」の意味も、そんなに正確には把握できていないのですが、基本的に同じことですよね。

微妙な会計用語は、日本語だと人によって表現が違うので、こういうのは逆に英語のほうが簡単かもしれません。

3. bookも「記帳する」という意味になるか?

ご質問をくださった方は、「to bookはどうですか?」とおっしゃっていましたが、それでもいいと思います。

というか、海外子会社の担当者相手なので、仮にちょっと変でも、ちゃんとコミュニケーションは取れます。なので、好きなように表現してください(誰に向けて言っているのか)。

ひょっとしたら、その国では、あんまりto bookとか言わなくて、陰で「Mr. Book」とか呼ばれてるかもしれないですけど(笑)

今日はここまでです。

では、では。

【今回の表現】
「Aを記帳する」
➡ to record A
「仕訳を記帳する」
➡ to record a journal entry
「取引を記帳する」
➡ to record a transaction

 

公認会計士(の身代わり)がオススメする英会話レアジョブ英会話に関するレポートはこちら

 

■会計英語の記事一覧はこちら

 

■会計英語の勉強法に関する記事はこちら
会計・税務の英語の勉強法-4段階で必要なスキルを考える

「(1) 単語を覚える → (2) 単語の組み合わせを覚える → (3) 英語を書く →(4) 英語で話す」の4段階に分けて、英語の勉強法(やオススメの書籍など)について書いています。

公認会計士が会計の英語を勉強したときの経過(4段階)

上記の段階に沿って、実際に私がどうやって英語の勉強をしてきたかを書いています。また、この記事の番外編では、「家出のドリッピー」的教材についても考察(?)しています。

 

この記事を書いたのは…
佐和 周(公認会計士・税理士)
現 有限責任 あずさ監査法人、KPMG税理士法人を経て、佐和公認会計士事務所を開設。専門は海外子会社管理・財務DD・国際税務など。東京大学経済学部卒業、英国ケンブリッジ大学経営大学院(Cambridge Judge Business School) 首席修了 (MBA)。詳細なプロフィールはこちら

 

 

関連記事

佐和周のブログ|記事一覧

こどもCFOブログ|LINK

スポンサーリンク