1. HOME
  2. ブログ
  3. 英語
  4. 会計英語 「預り金」を英語で

BLOG

佐和周のブログ

英語

会計英語 「預り金」を英語で

今日は、以下の書籍から、会計に関する英単語を抜き出しています。

 

預り金を英語で

預り金」って英語で何というのでしょうか?

上記の書籍に書いたのは…

depositという表現です。

スポンサーリンク

 

でも、これだと、預かってるのか、預けてるのかわからないので、deposit receivedのほうがいいでしょうか。

ということで、上記の書籍(和英)では、deposit (received)としました。

例えば、誰から預かっているか、以下のように書いておけば、あまり誤解されないとは思います。

deposits from customers
(顧客からの預り金)

所得税預り金(預り源泉所得税)

あと、日本だと、「預り金」勘定(負債勘定)に源泉所得税とか入ってたりします。

これを「所得税預り金」とか「預り源泉所得税」とか呼びますが、英語では何というでしょうか?

このあたりは、income tax withheldみたいに表現しておけば、多分OKです。

withholdには「源泉徴収する」みたいな意味があるので、要は「源泉して、留保してるものですよ」というニュアンスを出すわけですね。

無理にdepositを使おうとか、あんまり「預り」を直訳することには固執しないほうがいいかもしれません。

では、では。

 

ただいまオンライン英会話実験中レアジョブ英会話に関するレポートはこちら

 

■話すときに使いやすい会計英語に関する記事はこちら

 

■会計英語の勉強法に関する記事はこちら
会計・税務の英語の勉強法-4段階で必要なスキルを考える

「(1) 単語を覚える → (2) 単語の組み合わせを覚える → (3) 英語を書く →(4) 英語で話す」の4段階に分けて、英語の勉強法(やオススメの書籍など)について書いています。

公認会計士が会計の英語を勉強したときの経過(4段階)

上記の段階に沿って、実際に私がどうやって英語の勉強をしてきたかを書いています。また、この記事の番外編では、「家出のドリッピー」的教材についても考察(?)しています。

 

この記事を書いたのは…
佐和 周(公認会計士・税理士)
現 有限責任 あずさ監査法人、KPMG税理士法人を経て、佐和公認会計士事務所を開設。専門は海外子会社管理・財務DD・国際税務など。東京大学経済学部卒業、英国ケンブリッジ大学経営大学院(Cambridge Judge Business School) 首席修了 (MBA)。詳細なプロフィールはこちら

 

関連記事

佐和周のブログ|記事一覧

こどもCFOブログ|LINK

スポンサーリンク