1. HOME
  2. ブログ
  3. 英語
  4. 会計英語(収益認識) 「収益の分解」を英語で

BLOG

佐和周のブログ

英語

会計英語(収益認識) 「収益の分解」を英語で

今日は収益認識に関する英語をちょっとだけ連投しています。

これでいったん最後にしますが、最後は「誰かこの用語を検索する人がいるのか」を試す実験です。

1. 「収益の分解」を英語で

収益認識に関する会計基準では、当期に認識した顧客との契約から生じる収益を、収益及びキャッシュ・フローの性質、金額、時期及び不確実性に影響を及ぼす主要な要因に基づく区分に分解して注記することとされています。

この「収益の分解」って、英語で何というのでしょうか?

答えは…

disaggregation of revenueです。

スポンサーリンク

 

2. aggregationとdisaggregation

disaggregationは「分解」という意味ですね。

反意語のaggregation「集約」とか「合算」みたいな意味で、よく使います。

あくまでも、会計とか税務の世界で、ということですけど。

今日はここまでです。

では、では。

 

公認会計士(の身代わり)がオススメする英会話レアジョブ英会話に関するレポートはこちら

 

■話すときに使いやすい会計英語に関する記事はこちら

 

■会計英語の勉強法に関する記事はこちら
会計・税務の英語の勉強法-4段階で必要なスキルを考える

「(1) 単語を覚える → (2) 単語の組み合わせを覚える → (3) 英語を書く →(4) 英語で話す」の4段階に分けて、英語の勉強法(やオススメの書籍など)について書いています。

公認会計士が会計の英語を勉強したときの経過(4段階)

上記の段階に沿って、実際に私がどうやって英語の勉強をしてきたかを書いています。また、この記事の番外編では、「家出のドリッピー」的教材についても考察(?)しています。

 

この記事を書いたのは…
佐和 周(公認会計士・税理士)
現 有限責任 あずさ監査法人、KPMG税理士法人を経て、佐和公認会計士事務所を開設。専門は海外子会社管理・財務DD・国際税務など。東京大学経済学部卒業、英国ケンブリッジ大学経営大学院(Cambridge Judge Business School) 首席修了 (MBA)。詳細なプロフィールはこちら

 

関連記事

佐和周のブログ|記事一覧

こどもCFOブログ|LINK

スポンサーリンク