1. HOME
  2. ブログ
  3. 英語
  4. 会計英語(英和編) A/RやA/Pという略語の意味は?

BLOG

佐和周のブログ

英語

会計英語(英和編) A/RやA/Pという略語の意味は?

久しぶりに会計英語のお話です。

この週末は、ちょっと趣向を変えて、以下の書籍から、会計に関する略語を抜き出すことにします。

 

A/R

会計の分野で A/Rはどういう意味でしょうか?

答えは…

accounts receivableの略で、売掛金」や「売掛債権という意味です。

A/R turnoverで「売掛金[売掛債権]回転率」とか、そんな感じです。

あ、そういえば、audit report(監査報告書)をA/Rと略すこともありますね。

スポンサーリンク

 

A/P

では、会計の分野で A/Pはどういう意味でしょうか?

答えは…

accounts payableの略で、「買掛金」や「仕入債務」という意味です。

A/P turnoverで「買掛金[仕入債務]回転率」とか、そんな感じです。

では、では。

 

ただいまオンライン英会話実験中レアジョブ英会話に関するレポートはこちら

 

この記事を書いたのは…
佐和 周(公認会計士・税理士)
現 有限責任 あずさ監査法人、KPMG税理士法人を経て、佐和公認会計士事務所を開設。専門は海外子会社管理・財務DD・国際税務など。東京大学経済学部卒業、英国ケンブリッジ大学経営大学院(Cambridge Judge Business School) 首席修了 (MBA)。詳細なプロフィールはこちら

 

関連記事

佐和周のブログ|記事一覧

こどもCFOブログ|LINK

スポンサーリンク