1. HOME
  2. ブログ
  3. 会計
  4. 会計一般
  5. 第2回 損益計算書の段階損益を見てみる

BLOG

佐和周のブログ

会計一般

第2回 損益計算書の段階損益を見てみる

今日のお話
今日は、損益計算書の段階損益についてお伝えします。損益計算書で重要なのは、「売上高→営業損益→最終損益」という部分なのですが、間には売上総利益や経常損益といった他の段階損益も挟まっているので、それぞれの内容を確認しておきたいと思います。

「そこそこわかりやすい財務諸表」シリーズの損益計算書編、第2回です。

前回は「損益計算書とは?」というところを確認して、損益計算書の大まかな確認方法をお伝えしている途中でした。

今回は段階損益です

で、その中で「営業損益」というお話をしたのですが、そもそも損益計算書の段階損益については、まだお話してなかったですよね。

あ、段階損益というのは、営業損益みたいに、最終損益にたどり着く前にいくつか出てる損益です。

今回も、前回と同じく以下の損益計算書を使います(架空のものです)。

前回お伝えしたのは、「まず売上高と最終損益を見ましょう。で、もう1つ言うなら、営業損益を見ましょう。」ということでした。

実際の損益計算書で段階損益を見てみる

上記の損益計算書で、他にどんな段階損益があるかについてまとめると、以下のような感じです。例によって、見やすいように億円単位に直してあります。

 

ちょっとややこしくなってきましたね。ただ、重要なのは、あくまでも「売上高→営業損益→最終損益」の部分で、その間にいくつか段階損益が挟まっているイメージで大丈夫です。

それぞれの段階損益のイメージ

それぞれの段階損益のイメージですけど、だいたい以下のような感じで理解して頂ければいいと思います。

売上総利益:
売上から売上原価を引いた最も基本的な利益で、製品の競争力を示す
営業利益:
通常の営業活動から生じた利益で、本業の収益力を示す
経常利益:
金融収益・費用まで加味した利益で、経常的な収益力を示す
税引前当期純利益:
臨時的な損益まで加味した利益で、税金費用を除く全ての損益が反映されている
当期純利益:
税金費用まで加味した最終利益で、総合的な収益力を示す

これを図にまとめると、以下のようになります。

ちなみに、この図と同じようなものを、『貸借対照表だけで会社の中身が8割わかる』という本を書きました。2012年のことですけど、結構反響があって、最近書いた『この取引でB/S・P/Lはどう動く? 財務数値への影響がわかるケース100』にも同じようなものを書きました。

 

こういう図は、なかなか見る気がしないと思うんですけど、ちゃんと見て頂くと、結構わかりやすい図のはずです(と強気に言ってみる)。

段階損益の間に挟まっているもの

見て頂きたいのは、それぞれの段階損益の間に何が挟まっているかです。

  • 売上からスタートすると、
  • そこから「売上原価」を引いて、売上総利益が出ます(いわゆる「粗利」というやつです)。
  • そこから「販売費及び一般管理費」を引くと、営業利益です。これが重要なんですよね。
  • で、「営業外収益」を足して、「営業外費用」を引くと、今度は経常利益です。日本企業は好きですよね。
  • これに「特別利益」を足して、「特別損失」を引くと、税引前当期純利益になります。
  • なので、最後は「税金費用」を引いて、税引後の当期純利益です。これが最終損益ですね。

これを前提に上記の損益計算書(の段階損益の要約)を見ると、この企業、営業利益から税引前利益まで、水準はほぼ一緒です。だから、たぶん営業利益までをきっちり見ればよくて、その他の営業外損益とか特別損益とかは、「何があるのかな?」という軽い感じで見てもいいかもしれませんね。

今日はここまでです。次回は、売上高から営業損益までに焦点を当てて見ていきます。

では、では。

この記事を書いたのは…
佐和 周(公認会計士・税理士)
現 有限責任 あずさ監査法人、KPMG税理士法人を経て、佐和公認会計士事務所を開設。専門は海外子会社管理・財務DD・国際税務など。東京大学経済学部卒業、英国ケンブリッジ大学経営大学院(Cambridge Judge Business School) 首席修了 (MBA)。詳細なプロフィールはこちら

 

関連記事

佐和周のブログ|記事一覧

こどもCFOブログ|LINK

スポンサーリンク