1. HOME
  2. ブログ
  3. 英語
  4. 会計英語 「差異」&「有利差異・不利差異」を英語で

BLOG

佐和周のブログ

英語

会計英語 「差異」&「有利差異・不利差異」を英語で

今日は、以下の書籍から、会計に関する英単語を抜き出しています。

 

1. 差異を英語で

むちゃくちゃ基本的な用語ですが、会計でよく出てくる「差異」という用語は、英語で何というのでしょうか?

上記の書籍に書いたのは…

differenceという単語です。

これが一般的な意味、つまり、「2つの数字の間の差異」という意味での「差異」だと思います。

以下の記事でもちょっとだけ触れています。

会計英語① 「~として会計処理される」を英語で

スポンサーリンク

 

2. 別の意味での「差異」を英語で

もう1つ、有利差異とか不利差異とかいうときの「差異」はどうでしょう?

上記の書籍に書いたのは…

varianceという単語です。

でも、varianceって、一般には(標準偏差と分散でいう)「分散」という意味なので、誤解を招かないように注意が必要です(まあ、大丈夫でしょうけど)。

3. 有利差異と不利差異を英語で

このvariance(差異)という単語を前提としますが、「有利差異」と「不利差異」は、それぞれ英語で何というでしょうか?

上記の書籍に書いたのは…

有利差異がfavourable variance、不利差異がunfavourable varianceです。

私はこれらの表現をあんまり使うことはないですが、favourableとかunfavourableとかの形容詞自体はよく使います。

あ、favourableは英語で、米語ならfavorableです。

どっちでも大丈夫なので、お好きなほうで。

今回はここまでです。

では、では。

 

公認会計士(の身代わり)がオススメする英会話レアジョブ英会話に関するレポートはこちら

 

■話すときに使いやすい会計英語に関する記事はこちら

 

■会計英語の勉強法に関する記事はこちら
会計・税務の英語の勉強法-4段階で必要なスキルを考える

「(1) 単語を覚える → (2) 単語の組み合わせを覚える → (3) 英語を書く →(4) 英語で話す」の4段階に分けて、英語の勉強法(やオススメの書籍など)について書いています。

公認会計士が会計の英語を勉強したときの経過(4段階)

上記の段階に沿って、実際に私がどうやって英語の勉強をしてきたかを書いています。また、この記事の番外編では、「家出のドリッピー」的教材についても考察(?)しています。

 

この記事を書いたのは…
佐和 周(公認会計士・税理士)
現 有限責任 あずさ監査法人、KPMG税理士法人を経て、佐和公認会計士事務所を開設。専門は海外子会社管理・財務DD・国際税務など。東京大学経済学部卒業、英国ケンブリッジ大学経営大学院(Cambridge Judge Business School) 首席修了 (MBA)。詳細なプロフィールはこちら

 

関連記事

佐和周のブログ|記事一覧

こどもCFOブログ|LINK

スポンサーリンク