1. HOME
  2. ブログ
  3. 英語
  4. 第2回 比較対象取引を英語でいうと

BLOG

佐和周のブログ

英語

第2回 比較対象取引を英語でいうと

今回はちょっと息抜きで、英語のお話です。

比較対象取引を英語で

比較対象取引は英語で何というのでしょうか?

答えは…

comparable transactionです。まんまです。

もうちょっとかしこまっていうと

あと、ちょっとかしこまった場面(?)では、comparable uncontrolled transactionとも言います。

直訳すると、「比較可能な非関連者間取引」です。

国外関連取引のcontrolled transactionとの対比ですね。

スポンサーリンク

 

「内部比較対象取引」と「外部比較対象取引」を英語で

それと、比較対象取引を単純にcomparable(s)と言うときもあります。

特に、internal comparable内部比較対象取引)やexternal comparable外部比較対象取引)と呼ぶときですね。

日本語でも「コンパラ」と呼ぶ人がいますね。かっこいいですね。

じゃあ、比較対象取引の「候補」は?

あ、比較対象取引の「候補」と言いたいときには、potential comparable(s)です。

その候補をselectしたり、逆にrejectしたりするわけですね。

今日はここまでです。

では、では。

■移転価格税制に関するトピックの一覧はこちら

 

関連記事

佐和周のブログ|記事一覧

こどもCFOブログ|LINK

スポンサーリンク