1. HOME
  2. ブログ
  3. 英語
  4. 税務の基礎英語(略語編) DTTの意味は?

BLOG

佐和周のブログ

英語

税務の基礎英語(略語編) DTTの意味は?

引き続き「税務の基礎英語シリーズ」の略語編です。

DTTは何の略?

税務の略語でDTTというものがあります。

これは何の略で、どういう意味でしょうか?

答えは…

Double Taxation Treaty(またはDouble Tax Treaty)の略で、「租税条約」という意味です。

スポンサーリンク

 

すべり芸

ちなみに、この用語、税務通信の連載で以下のような内容を書きました。

日本の専門家でも、租税条約のことをDTTと呼ぶ人がいますが、ここで恥ずかしい間違いは、これをDDTと呼んでしまうことです。DDTは、「相手の頭部を片脇でロックし、そのまま後ろに倒れこんでマットに叩きつける」という意味になります。税務の専門家がプロレス技を解説してしまうという状況は、常識的には避けたほうがよさそうです。

ちゃんとした雑誌にこういうネタを入れると、だいたい反響があるのですが、このDDTについては全く反響がありませんでした。

すべったってこと? 税務の世界で最も有名な雑誌で?

今回はここまでです。

では、では。

 

公認会計士(の身代わり)がオススメする英会話レアジョブ英会話に関するレポートはこちら

 

■会計英語の勉強法に関する記事はこちら
会計・税務の英語の勉強法-4段階で必要なスキルを考える

「(1) 単語を覚える → (2) 単語の組み合わせを覚える → (3) 英語を書く →(4) 英語で話す」の4段階に分けて、英語の勉強法(やオススメの書籍など)について書いています。

公認会計士が会計の英語を勉強したときの経過(4段階)

上記の段階に沿って、実際に私がどうやって英語の勉強をしてきたかを書いています。また、この記事の番外編では、「家出のドリッピー」的教材についても考察(?)しています。

 

この記事を書いたのは…
佐和 周(公認会計士・税理士)
現 有限責任 あずさ監査法人、KPMG税理士法人を経て、佐和公認会計士事務所を開設。専門は海外子会社管理・財務DD・国際税務など。東京大学経済学部卒業、英国ケンブリッジ大学経営大学院(Cambridge Judge Business School) 首席修了 (MBA)。詳細なプロフィールはこちら

 

 

関連記事

佐和周のブログ|記事一覧

こどもCFOブログ|LINK

スポンサーリンク