1. HOME
  2. ブログ
  3. こども経済
  4. 第93回 売上高100億円の会社と1,000億円の会社はだいぶ違うね

BLOG

こどもCFOブログ

こども経済

第93回 売上高100億円の会社と1,000億円の会社はだいぶ違うね

第93回は、まだ数字の話を続けますが、少し金額単位を下げて、売上高が100億円や1,000億円の会社を見ていきます。こども君は意外な会社の名前を知っているようです。

前回は、国の税収とかトヨタの連結売上高とか、大きな数字を見たよね。

 
 

うん。60兆円とか30兆円とか。

そうだね。日本では、だいたいそれが仕事で使う数字の上限くらいだと思う。で、もうちょっと前には、10億円くらいの数字までは見たよね。覚えてる?

 
 

うん。覚えてる。

 
 
 
スポンサーリンク

じゃあ、あとは10,000,000,000円(100億円)だけど、売上高が100億円くらいの会社を売上高ランキングで見てみようか。

 
 

あ! 養命酒ってきいたことある!

(笑) 養命酒製造株式会社ね。確かに売上高は100億円くらいだね。

 
 

でも、東証1部って書いてある。やっぱり知ってる会社は1部が多いんだね。

そうだね。そうやって知名度が上がることも上場のメリットなんだろうね。

 
 

ああ、そういうことか。

 
 
 
スポンサーリンク

じゃあ、同じ飲み物つながりだけど、UCCって知ってる? 神戸の会社。

 
 

知らない。

上島珈琲店って知らない?

 
 

聞いたことない。

そうか。まだコーヒーは飲まないもんね。UCCって、UCC上島珈琲株式会社(ユーシーシー上島珈琲株式会社)って会社だけど、売上高は1,100億円くらいあるみたい。

 
 
 

結構大きいね。

うん。この会社、上場してないから、ウェブサイトの情報しかないけど。

 
 

上場してないから知らないのかな。

そんなことないよ。気を付けてたら、絶対見かけるよ。自販機とかにも缶コーヒーあるし。三宮の駅にも、上島珈琲店のカフェがあるけどね。

 
 

へぇー。

だから、だいたいこれが100,000,000,000円(1,000億円)のイメージかな。

 
 

UCCは知らないけど、非上場の会社が大きいことがあるんだね。

 
 
 
スポンサーリンク

うん。上場すると、株主が増えてごちゃごちゃ言われるから、上場しないという選択肢もあるよね。財務情報も外に出さないといけないし。

 
 

ああ、そうなんだ。上場できるけど、敢えてしないこともあるんだね。

うん。どういう理由かはわからないけどね。あと、JTBとかも非上場だよ。

 
 

JTBは知ってる! 非上場なんだ。

そうだね。じゃあ、UCCも知らなかったことだし、売上高が1,000億円くらいの会社を売上高ランキングで見てみるか。

 
 

MonotaRO知ってる! ピジョンも知ってる! ラウンドワンもある!

売上高100億円の会社と1,000億円の会社だと、だいぶ知名度が違うみたいだね。

 
 

うん。1,000億円だと、知ってる会社が多い。

 
 
 
スポンサーリンク

そうだね。で、次の位の1,000,000,000,000円(1兆円)は、売上高1兆円くらいの会社を見たよね?

 
 

うん。大阪ガスとか任天堂は1兆円をだいぶ超えてた。

そうだね。だから、これからは、そういう数字のイメージを持って、ニュースとか見てね。

 
 

そうする。

じゃあ、今回はここまで。

めざせ!こどもCFOブログの目次はこちら

 
 
 
 

関連記事

こどもCFOブログ|記事一覧

こどもCFOブログ|アーカイブ

佐和周のブログ

スポンサーリンク