1. HOME
  2. ブログ
  3. こども税務
  4. 第202回 会計上の費用だけど税務上の損金ではないから「損金不算入」

BLOG

こどもCFOブログ

こども税務

第202回 会計上の費用だけど税務上の損金ではないから「損金不算入」

第202回は、会計上の「利益」と税務上の「所得」の違いについて、前回とは逆に、損金不算入の費用を例に話します。

お父さん:公認会計士。実際は、このイラストよりも、だいぶおじさん(本物はこちら)。

こども君:小学6年生。体育と休み時間を過ごすために小学校に通い、阪神タイガースをこよなく愛する普通の男の子。好奇心が強く、数字を扱うのは得意。ただ、ペラペラ喋って、人の話を黙って聞くのは苦手。スポーツ大好き、RPG大好き、三国志やキングダムも大好き。

前回は、会計上の「利益」と税務上の「所得」の違いの話で、受取配当金の益金不算入の例を使った。会計上は収益になるけど、税務上は益金にならない項目。

 

うん。

で、こども君は、逆に「損金不算入の費用もあるんじゃないか」と推測した。それは正しい。

 

おー。どんな費用?

全額損金不算入になるわけじゃないんだけど、よくあるのは、交際費とか寄附金とか役員報酬とかかな。

 

交際費って聞いたことあるなあ。でも、よくわからないや。

じゃあ、交際費を例に使おうか。交際費というのは、「法人が、得意先や仕入先などに対する接待や贈答などのために支出する費用」です。

 

何となくわかるけどなあ。

まあ、会社の人がお客さんといいお店で会食とかしたら、だいたい交際費だよ。

 

ああ、そんな簡単な話なのか。それならわかる。

交際費の内容自体は重要じゃないからね。話を整理すると、会社の人がお客さんと会食して、その費用は会社が負担する。そうすると、これは会社にとって費用になる。個人じゃなくて、会社が負担してるからね。

 

ああ、そうなのか。会食した人の個人の費用になるかと思った。

そういうの、「自腹」とか言うけどね。会社命令で行くなら、会社が負担してくれるだろうね。もうそういう時代じゃないような気もするけど、お客さんとの関係を良好に保つのは大事だからね。

 

わかった!

じゃあ、この場合の会食の費用、つまり、交際費は、会社にとって費用になる。利益を計算するときにはマイナスされる。これは会計の話。

 

でも、税務では損金にならないんでしょ?

そうだね。全部じゃないけど、一部は損金不算入になる。ということは、課税所得を計算するときにはマイナスできない(部分がある)。これは税務の話だね。

 

そこまではわかるよ。

交際費って、どうして損金不算入になるのかな?

 

どうして課税所得からマイナスできないか、ってことだよね。ああ、それによって税金が減らせないようにしてるのか。えーっとね、会社が会食ばかりして、交際費をいっぱい払って、税金を払わない可能性があるから、そうならないようにしてる!

うん。だいたいそんな感じだと思う。国としては、あんまり会社に交際費ばかり払ってほしくないんだろうね。だから、自然に交際費支出を抑制するような税制にしてる。よくわかったね。

 

やったー!

じゃあ、交際費から離れて、普通の費用を考えて。会計上も費用だし、税務上も損金で落とせる。そういう普通の費用を100払ったとする。このとき、税率を30%として、税引後利益はどれだけ減る?

 

30…じゃなくて…100払ったのか…ああ、利益か、そうか。じゃあ、70! え?…

何かめっちゃ混乱してるな(笑) 70で正しいよ。

 

100の費用を払うから、いったん利益は100減る。でも、その分税金が30減るから、それは収益じゃないけど、税引後利益にはプラスになる。だから、ネットで70のマイナス。

正解。税金のことを考えなければ、100の費用が計上されれば、税引後利益はそのまま100減るよね?

 

うん。

でも、100の費用が損金に落ちれば、その分税金は30減らせる。ということは、普通の費用が100増えて、税金費用が30減るから、ネットで70の費用増。税引後利益へのインパクトは、マイナス70になる。

 

混乱したけど、よくわかった。

ここからわかるのは、仮に会計上の費用が損金算入されたとしても、それは「費用を払うか、税金を払うか」の二択じゃないってこと。言いたいこと分かる?

 

うん、わかるよ。

だから、「税金を減らしたいから費用を払う」というのは、あまり意味がない。確かに税金は30減るけど…

 

結局70のマイナスになっちゃうからね。意味ないよね。

そのとおり。じゃあ、話をもとに戻すけど、交際費を100払ったときの税引後利益へのインパクトはどうなる?

 

そのままに決まってるじゃん。税引後利益が100減るだけ。税金は影響ないよね。

正解。分かってるみたいだね。だから、損金不算入の費用というのは、見かけよりも負担が重い。損金算入されるなら、100の費用の実質的なインパクトは(1-税率)を乗じた70になる。でも、損金不算入なら、100の全額が税引後利益にチャージされてしまう。このイメージはいいかな?

 

うん、うん。わかりやすい。というか、簡単。

失礼しました。じゃあ、今回はここまで。

めざせ!こどもCFOブログの目次はこちら

関連記事

こどもCFOブログ|記事一覧

こどもCFOブログ|アーカイブ

佐和周のブログ

スポンサーリンク