1. HOME
  2. ブログ
  3. こども税務
  4. 第201回 会計上の収益だけど税務上の益金ではないから「益金不算入」

BLOG

こどもCFOブログ

こども税務

第201回 会計上の収益だけど税務上の益金ではないから「益金不算入」

第201回は、会計上の「利益」と税務上の「所得」の違いについて、まずは受取配当金の益金不算入を例に話します。

お父さん:公認会計士。実際は、このイラストよりも、だいぶおじさん(本物はこちら)。

こども君:小学6年生。体育と休み時間を過ごすために小学校に通い、阪神タイガースをこよなく愛する普通の男の子。好奇心が強く、数字を扱うのは得意。ただ、ペラペラ喋って、人の話を黙って聞くのは苦手。スポーツ大好き、RPG大好き、三国志やキングダムも大好き。

前回は、会計上の「利益」と税務上の「所得」の違いについて話した。会計上の利益については、「収益-費用」で計算して、税務上の所得については、「益金-損金」で計算する。問題は、収益と益金、費用と損金、そのそれぞれがどう違うかってこと。

 

うん。それが聞きたかった。利益は小さくなる方向で、所得は大きくなる方向っていうのは、もうわかった。

それぞれ計算する目的が異なるからね。で、答えだけど、シンプルにいうと、収益と益金、費用と損金はそれぞれほぼ同じ。税務上の益金は、会計上の収益をベースにしてて、税務上の損金は、会計上の費用をベースにしてる。

 

でも、ちょっと違うって言ってた。

そうだね。大きく言うと、「収益だけど益金じゃないもの」や「費用だけど損金じゃないもの」がある

 

ああ、税金に関係ないもの?

どういうイメージかな?

 

あのさー、損益計算書でさー、下のほうに税金のところあるじゃん? 何だっけ?

(笑) 税金費用のことかな? 「法人税、住民税及び事業税」とか「法人税等調整額」とか。

 

うん。税金費用って、損金?

いきなり難しいこと言うなあ。会計上の税金費用はだいたい損金じゃないけど、一部は損金になる。でも、税金費用が利益と所得の差を構成するという発想自体は正しい。税金を計算して、仮にそれがまた損金になったら、所得が減って税金が減るからね。変だよね。

 

ああ、そういうことか。

じゃあ、1つ例を挙げる。国内の100%子会社からの配当は、会計上は収益になる。

 

「受取配当金」で営業外収益!

正解。でも、税務上は、その配当は益金にはならない。「益金不算入」って呼ぶけどね。だから、課税所得を構成しない。

 

何で?

どうしてだと思う?

 

ちょっと待って。受け取るほうの話でしょ。配当を受け取っても、税金は増えないんだよね?

そういうことだよ。国内の100%子会社からの配当を受け取っても、課税所得を計算するときには、それをカウントしない、つまり、ゼロとして扱うから、それによって法人税は増えない。この仕組みを作ったのは国だけど、何でこんな仕組みにしてると思う?

 

変だなあ。国はいっぱい税金が欲しいはずなのに。

うん。いい発想。国はいっぱい税金が欲しいはずなのに、あえて税収が減る方向の制度にしてる。ということは、何らかのロジックがあって、そうしてるってこと。

 

ロジックって何?

論理というか理屈。ちゃんとした理屈があって、そういう仕組みにしてるってこと。

 

わかった! ロジックという言葉だけ!

(笑) じゃあ、ヒント。子会社の配当の原資って何?

 

利益だよね。

利益というか利益剰余金というか、そういう会計上の数値だよね。それって、税引前? それとも、税引後?

 

利益剰余金なんだから、税引後に決まってるじゃん。

正解。税引後利益が蓄積して、利益剰余金になる。だから、税金を払った後の利益を配当してることになるね。

 

うん、うん。あ、ちょっと待って。

100%子会社なんだから、親会社と一体で考えてもいいよね。子会社が利益というか所得を稼得する。それに対して税金を払う。で、税引後利益を親会社に配当する。親会社は子会社と一体だけど、会計上はそれを収益に計上する。でも、税金は払わない。これって一応筋は通ってるよね?

 

ああ、一体だからか。1回税金を払えばいいってことか。

そのとおり。子会社は「税引後」の利益を配当してるからね。つまり、もう税金を支払済み。これを受け取った親会社が課税されたら、実質的に2回課税されることになる。ダブルカウントというか。

 

そういうことか。ちゃんとロジックがあるんだね。

(笑) ところで、さっきから、しゃっくりが出てるけど、大丈夫かな?

 

大丈夫だよ。

じゃあ、話を続けるけど、今回話したのは、100%子会社から受け取る配当は、会計上の収益に該当するけど、税務上の益金には該当しない。だから、「益金不算入」。言い換えると、会計上の利益を構成するけど、税務上の所得は構成しないってこと。つまり、利益と所得の差異の原因になる。

 

ああ、そういうことか。じゃあ、「損金不算入」もあるんだよね?

いい勘してるね。でも、しゃっくりが止まらないみたいだから、今回はここまで。

 

ごめんなさーい。

めざせ!こどもCFOブログの目次はこちら

関連記事

こどもCFOブログ|記事一覧

こどもCFOブログ|アーカイブ

佐和周のブログ

スポンサーリンク