1. HOME
  2. ブログ
  3. こども会計
  4. 第61回 「資産-負債=純資産」なら、「資産=負債+純資産」

BLOG

こどもCFOブログ

こども会計

第61回 「資産-負債=純資産」なら、「資産=負債+純資産」

第61回は、こども君に「純資産」という概念を教えます。ただ、こども君は、純資産自体よりも、純資産の「純」というところが気になったようです。

お父さん:公認会計士。実際は、このイラストよりも、だいぶおじさん。

こども君:小学4年生。 特徴としては、好奇心が強く、語彙は多いほうで、数字を扱うのは得意。でも、ペラペラ喋って、人の話を黙って聞くのは苦手。その他は、野球のキャッチャーの配球と動物の精巧なフィギュアに興味がある普通の男の子。

じゃあ、今回からちょっと新しい話になるんだけど、貸借対照表って覚えてる?

 
 

そりゃあ、覚えてるよ。何回も出てきたし。

貸借対照表が「バランス・シート」って呼ばれる話はしたかな?

 
 

うん。B/Sって書いてた。

そう、そう。よく覚えてるね。じゃあ、バランス・シートって、何がバランスしてるかわかる?

 
 

え? バランス? そもそもバランスって何? 左と右はバランスしてたと思うけど。

それ、正解なんだけど…

 
 

左はお金とか書いてあって、右はその調達方法が書いてあったよね。

左側はお金だけだった?

 
 

いや、棚卸資産とかの資産も書いてあった。

そうだね。貸借対照表の左側には資産を書く。で、右側は?

 
 

借入金とか資本金があった。どうやってお金が入ってきたか書いてあったと思う。

じゃあ、お金とか棚卸資産とか固定資産って、分類としては全部「資産」だよね? 借入金は?

 
 

借入金は「負債」! あ、でも資本金は違う。

そうだね。借入金は負債だね。あと、同じく負債では、買掛金も貸借対照表の右側に書いたよね?

 
 

えー、あー、うーん。

昔の記事を見せる)

 
 

うん、思い出した。買掛金も右側に書く。

そうだね。だから、資産が左側で、負債が右側。でも、資産と負債は必ずしもバランスするとは限らない。だから、それをバランスさせるのが「純資産」と呼ばれるもの。聞いたことある?

 
 
 

全然ない。

 
 
 
スポンサーリンク

会計の世界では、「純」は「ネット」とか「正味」って意味。資産から何かを引いたものが純資産。ネットの資産ってことだけど。

 
 

ネットってさー、インターネットのこと?

違う、違う(笑)

 
 

え、網?

それも違う(笑) 例えば、食品が容器に入っていて、その全体の重さのほかに、容器を除いた食品の重さだけを表示したりするよね? それが正味というかネット。

 
 

あ、それ知ってる。サラダみたいなのを買うときに、パックの重さを引くやつでしょ?

そう、そう。サラダの量り売りは、パックみたいな容器の重さを含まないことが多そうだよね。それがネット。あと、数字でいうなら、入金が100円あって、出金が80円あれば、ネットの入金は20円

 
 

このネットって、利益のものとは違うの?

そういえば、同じものかもね。収益から費用を引いた「純収益」が利益だね。そういう意味では、利益も純額という整理でいいと思うよ。

 
 

ちょっと関係ないんだけど、このネットとインターネットは関係ないの?

うん、あんまり関係ないと思う。インターネットって、グローバルなネットワークみたいなものだから、こども君が言った網に近いと思う。網の目みたいに、世界中につながってるから。

 
 

ああ、そういうことか。

話を戻すけど、純資産は、資産から負債を引いたもの。だから、バランス・シートがバランスするんだけど、ちょっと図を描いてみるね。

 
 
 

ああ、そうか。資産から負債を引いたものが純資産だから、それを右側に入れたら、絶対にバランスするよね。

そのとおり。この図だと、資産が500で、負債が300。その差である純資産は200。これを負債の側に足したら、絶対に資産の500に一致するよね?

 
 

そうだね。3-2=1で、2+1=3だからね。

うん、でも、それを言うなら、5-3=2で、3+2=5といったほうがセンスいいよね?

 
 

ああ、そうだね。1/100だからね。

じゃあ、今回はここまで。「純資産」という言葉は、よく覚えておいてね。資産・負債・純資産で1セット。

 
 

わかった、よく覚えとく。

めざせ!こどもCFOブログの目次はこちら

 
 
 
 

関連記事

こどもCFOブログ|記事一覧

こどもCFOブログ|アーカイブ

佐和周のブログ

スポンサーリンク