1. HOME
  2. ブログ
  3. こども会計
  4. 第12回 棚卸資産だけじゃなくて、固定資産も費用になるの?

BLOG

こどもCFOブログ

こども会計

第12回 棚卸資産だけじゃなくて、固定資産も費用になるの?

第12回も固定資産のお話です。棚卸資産と同じく、固定資産も、いつかは費用になることを確認します。

前回は固定資産の話をしたけど、だいたいわかった?

 
 

うん。でも、固定資産と費用の関係がよくわからなくなった。

棚卸資産については、「お金を払って、商品という資産をもらって、それを売ったらその資産が費用に変わる」って話はわかったよね?

 
 

うん。

じゃあ、今の話の最初と最後だけを抜き出すと、「お金を払って、その分が費用になる」ってことでいいかな?

 
 

うん。

そっちのほうが普通だよね。会社が何か経費を使ったので、お金が出ていきました。だから、会社には費用が計上されました。つまり、資産を経由しないってこと。従業員に給料を払ったら、それは費用だよね? それと同じことだね。

 
 

うん、それはわかった。でも、固定資産と費用の関係もちゃんと教えて。

了解。固定資産も、棚卸資産と同じで、買ったときにお金を払ってるのはわかるよね? それはスーパーマーケットでも、ケーキ屋さんでも、固定資産なしにビジネスをやるのは難しいから、ビジネスのためにお金を払ってるってことで。

 
 

うん、資産の種類が違うだけで、会社がお金を払ってるのは同じだよね。

じゃあ、棚卸資産は売れたときに費用になるけど、建物とかの固定資産はいつ費用になると思う?

 
 

買ったときは資産だよね。固定資産は売らないもんね。

売ろうと思ったら売れるよ。買う人がいればね。でも普通は、どうやって費用にするのかな? 棚卸資産は売ることが前提だけど、固定資産は使うことが前提だよね?

 
 

うん。

スーパーで建物がなかったら、商品を売るのはきついよね? レジもないとそろばんだし。

 
 

そりゃそうだよ。

じゃあ、固定資産っていうのは、棚卸資産みたいに直接必要なものじゃないけど、スーパーが商品を売るときには必要なものだよね?

 
 

うん。

 
 
 
スポンサーリンク

それなら、利益を計算するときにも、どうにか頑張って、その固定資産に払ったお金を計算して、売上から少し引いたほうがいいよね。固定資産のコストというか、そういうものを。

 
 

そう思うけど…

建物は一度建てたら、何十年も使うけど、最後お店をやめるときには取り壊したりするよね。じゃあ、建物を買ったときに払ったお金は、ちょっとずつ売上とかで回収していかないといけないよね?

 
 

そうだね。お店をやめるときにはもう利益もないから、お店をやっているうちに、建物を買うときに払ったお金を取り戻さないといけないよね。

建物は基本的に「売る」のではなくて「使う」として、じゃあ、どうやって費用にすればいい?どうやって利益から回収すればいい?

 
 

1か月ずつ、ちょっとずつ払っていくんじゃないの?

建物を買うときには、基本的に最初にお金をまとめて払わないといけない。ちょっとずつ払うというのは、建物を借りるときで、買うときにはあんまりないかな。

 
 

そうなんだ。

だから、お金は建物を買うときに先に払っちゃってる。

 
 

最初にまとめて払うから、ちょっとずつ払うわけじゃないんだね。

そうだね。だからもうお金を払って、建物を買って、その建物を持ってる状態。で、その持ってる建物に使ったお金をどうにかして利益から引いていかないといけない。じゃないと、建物に使ったお金を回収していくということができないから。どうやったらいい?

 
 

うーん。

さすがにこれは難しいよね。じゃあ、ちょっとずつお金を払わなかったとしても、ちょっとずつ費用にしてたらいいんじゃない?

 
 

最初にまとめて費用にするんじゃなくって、ちょっとずつ費用にするってこと?

そう。ここはちょっと時間をかけて説明したほうがいいみたいだから、じゃあ次回ね。

めざせ!こどもCFOブログの目次はこちら

 
 
 
 

関連記事

こどもCFOブログ|記事一覧

こどもCFOブログ|アーカイブ

佐和周のブログ

スポンサーリンク