1. HOME
  2. ブログ
  3. こども会計
  4. 第6回 なぜ通帳を見ても利益の額はわからないの?

BLOG

こどもCFOブログ

こども会計

第6回 なぜ通帳を見ても利益の額はわからないの?

第6回は、お金の動きと利益との関係について考えます。

だいぶ前だけど、こども君が「銀行の通帳を見れば、利益がわかるんじゃないの?」って言ったの覚えてる?

 
 

うん。出ていったお金も入ってきたお金も、通帳に書いてあるから。

だいたいのイメージはそれでいいと思うよ。でも、利益は、単純に収入から支出を引いたものじゃない。入ってきたものと出ていったものの差額だけじゃないってこと。だから、お金の動きだけを記録しておけばいいわけではなくて、実際はもうちょっと複雑なんだよね。

 
 

何かよくわからない。

 
 
 
スポンサーリンク

そうだよね。じゃあ、ちょっと簡単な話から始めよう。

 
 

うん。

問題です。会社が、原材料を買いました。でも、その原材料を使わずに持っておきました。例えば、ケーキ屋さんが小麦粉を買ったけど、まだ使ってません。買った小麦粉に価値はある?

 
 
 

売れないから価値はない。

でも、ケーキ屋さんがどこかで小麦粉を買ったということは、どこかで小麦粉は売れるんじゃない?

 
 

そうか。買えるということは、売れるのか。

ケーキも売れるし、小麦粉も売れるよね。普通は、ケーキ屋さんで小麦粉は売ってないけど。その意味で、ケーキも小麦粉も、会社にとっては価値のある資産だよね。

 
 

うん?

ちょっと難しいかな。じゃあ、数字を使ってみようか。100円の材料で、ケーキを1コ作って、それを300円で売りました。いくら儲かりましたか?

 
 

200円。

じゃあ、原材料を300円分買って、全部を使わずに、そのうち1/3だけを使いました。それでケーキを1コ作って、300円で売りました。利益はどうなる?

 
 

どういうこと?

原材料は300円分の1/3だから、100円分しか使ってないということ。

 
 

あ、そっか。じゃあ、200円儲かった。さっきと同じ。

小麦粉を買うのに300円払っていても、使ったのは100円分だけだから、利益を計算するときは100円を引くだけでいいよね。残りの200円は小麦粉のままで資産だよね。

 
 
 

それはわかる。で、利益は200円だよね。

うん。でも、お金の動きだけを見ると、出ていったお金と入ってきたお金は同じだよね。小麦粉を仕入れたときに300円払って、ケーキを売ったときに300円入ってきた。だから、銀行の通帳ではお金は増えていない。でも、利益はゼロじゃなくて、200円だよね?

 
 

あ! そうか。利益を計算するためには、お金の動きだけじゃなくて、どれだけ材料を使ったかも見ないといけないってことだね。

じゃあ、「銀行の通帳を見れば、利益がわかるんじゃないの?」って話はどうかな? 銀行の通帳だけだと、利益はわからないよね。出ていったお金と入ってきたお金はわかるけど。

 
 

そうだね。よくわかった。

今回の例だと、小麦粉をどれだけ使ったかチェックしないといけない。逆に、小麦粉がどれだけ残っているかをチェックしてもいいけど。次回はこの話だね。

 
 

はーい。

めざせ!こどもCFOブログの目次はこちら

 
 
 
 

関連記事

こどもCFOブログ|記事一覧

こどもCFOブログ|アーカイブ

佐和周のブログ

スポンサーリンク