1. HOME
  2. ブログ
  3. こども会計
  4. 第160回 「資産=負債+純資産」なら「純資産=資産-負債」

BLOG

こどもCFOブログ

こども会計

第160回 「資産=負債+純資産」なら「純資産=資産-負債」

第160回も、前回に引き続き、トヨタ(トヨタ自動車株式会社)の個別財務諸表を見ています。今回は、純資産の中身に入りますが、こども君は純資産のことを忘れてしまったようです。

前回までで、トヨタの個別財務諸表の資産と負債は見終わった。残りは「純資産」だけだね。

 
 

うわー、そうか。利益剰余金!

何も聞いてないけどね。確かに利益剰余金は純資産の1つだね。でも、そもそも「純資産」って何だっけ?

 
 

えー、何だっけ?

いや、こっちが聞いてんだけど。じゃあ、トヨタの純資産ってどれだけある? 2021年3月期末で。

 
 

えーっと、1,300万円って書いてあるけど、百万円単位だから…

だいたい13.8兆円だね。

 
 

ああ、そうか。

じゃあ、トヨタの資産と負債はそれぞれどれくらい?

 
 

資産は21.1兆円で、負債は7.3兆円!

差額は?

 
 

13.8兆円くらい!

その数字、今見たところだよね。

 
 

うん? あ! ほんとだ! そうだ、「純資産=資産-負債」だ! 貸借対照表は、左が資産で、右が負債と純資産だから、それでバランスするなら、そうなるよなあ。

(笑) まあ、資産から負債を引くから、「純」資産と考えてもいいけどね。足し算で考えたいなら、「資産=負債+純資産」。これが貸借対照表のイメージに近いね。一方で、引き算で考えるなら、「純資産=資産-負債」。どっちでもいいよ。

 
 

そうか、そうか。思い出した!

じゃあ、この純資産って、誰のもの?

 
 

株主かな?

えらく声が小さいね。さっきまでは声が大きかったのに。

 
 
 

わはは。

正解。純資産は株主のものだね。だから、「資産=負債+純資産」と考えて、負債を主に銀行借入金とすると、会社の資産は、銀行が持っている部分と株主が持っている部分に分けて考えることもできるね。

 
 

そうだね。

まあ、そんなふうに資産は区分しないけど、資産を換金して銀行に返済したら、残ったお金は株主のものだよね?

 
 

そう考えると、純資産が株主のものっていうのがわかりやすいね。

じゃあ、純資産の中身を見てみよう。

 
 

資本金だ!

その前に、「純資産の部」の一番大きな区分って何?

 
 

株主資本

正解。もう1つあるよね?

 
 

うん。評価・換算差額等っていうのがある。何これ?

その内訳って何がある?

 
 

その他有価証券評価差額金

これって何だった?

 
 

評価したときの差額か。評価損とか…

その他有価証券って覚えてる?

 
 

4つあったけど…

うん。有価証券の保有目的は4つあって、その中で一番普通のものだね。じゃあ、次回ちょっと復習しようか。

 
 

はーい。ありがと。

めざせ!こどもCFOブログの目次はこちら

 
 
 
 

関連記事

こどもCFOブログ|記事一覧

こどもCFOブログ|アーカイブ

佐和周のブログ

スポンサーリンク