1. HOME
  2. ブログ
  3. こども会計
  4. 第142回 期せずして流動性配列法に興味を持つこども君

BLOG

こどもCFOブログ

こども会計

第142回 期せずして流動性配列法に興味を持つこども君

第142回も、前回に引き続き、トヨタ(トヨタ自動車株式会社)の個別財務諸表を見ています。こども君は貸借対照表内の項目の並べ方に関心があるようです。

前回、何か言いたいことがあるって言ったよね?

 
 

うん。仕掛品の話をしたときに、貸借対照表の流動資産の中だと、「商品及び製品」→「仕掛品」→「原材料及び貯蔵品」って順番で並んでたじゃん。

そうだね。

 
 

これって、貸借対照表では、早くキャッシュに変わる順番に上から並べるから?

うん。そういうことだと思う。売るものを製品だけと考えれば、それに近いものほどキャッシュに変わるのが早いからね。実際には、仕掛品よりは原材料のほうが売りやすい、つまり、キャッシュに変えやすいとは思うけどね。

 
 

まあね(笑) 組み立て中の車は売りにくいよね。

でも、いい視点だと思う。もちろん例外はあるんだけど、大枠としてのルールを押さえると、貸借対照表も数字の羅列じゃなくて、意味のあるものに見えてくるよね。

 
 

そうだね。これを見るまでは、貸借対照表って、もっとぐちゃぐちゃに資産とか負債が書いてあるのかと思ってた。実際には、資産が流動資産とか固定資産っていう概念に分かれてるのがわかった。で、流動資産が上、固定資産が下になって、流動資産の中でもキャッシュに近いものが上にあるとか。わかりやすいよね。

 
 
 
スポンサーリンク

そうだね。だから、例えば、売掛金と棚卸資産の位置関係も同じことだけど、それもわかるかな?

 
 

うん、わかるよ。

売掛金は、棚卸資産が売れたときに計上されるものだよね。

 
 

だから、棚卸資産が売れないと、そもそも売掛金が計上されない。だから、売掛金のほうがキャッシュに近い。

 
 
 
スポンサーリンク

そのとおり。一応流動資産の中身はだいたい見たと思うけど、あとは何か気になることはあるかな?

 
 

あのさー、貸借対照表の書き方って、PCの中身みたいだよね。

え?

 
 

「資産の部」っていうのが一番左に飛び出していて、その下の… えーっと階層だっけ? それが「流動資産」とか「固定資産」。で、一番下の階層が「現金及び預金」とか「売掛金」とか「商品及び製品」とか。

ああ、フォルダの階層構造ね。そうそう、そのとおり。頭を整理するときも、そうやって同じ分類に属するものをフォルダに入れていく感じで整理するといいよ。特にデータの量が多いときには、羅列されたデータだと覚えきれない。だから、何らかの基準で大分類・中分類・小分類みたいに分けると、きっと覚えやすいよね。

 
 
 

そうだね。もう言いたいことを言えたから、満足した。

 
 
 
スポンサーリンク

(笑) じゃあ、最後に1つだけ問題。流動資産の一番下には何がある?

 
 

貸倒引当金!

正解。貸倒引当金って、どんなものか覚えてる?

 
 

うん。えーっとねー。お金を貸してるときに、その貸している先の会社が倒産した。それで、そのときにどのくらいのお金が返ってきそうかを予想して、その金額を書く。

惜しいね。まず、貸倒引当金は貸付金だけじゃなくて、売掛金にも設定される

 
 

そうか。そうだ。後でお金をもらうんだから、もらえなくなることはあるよね。

そうだね。それと、貸倒引当金を設定するのは、貸付先なり得意先なりが倒産した後とは限らない。倒産してなくても…

 
 

倒産しそうになったら!

うん。倒産するかどうかは別にして、その貸付先や得意先の財務状況が悪くなって、貸付金や売掛金の一部でも返ってこない可能性があったら設定するよね。

 
 

あのさー、「得意先」って何?

「仕入先」の反対。自分が商品とかを売る相手。お客さんのことだね。「お得意様」とか聞いたことない?

 
 

ああ、そういう意味なのか。

じゃあ、話を戻すけど、貸倒引当金の金額は、「返ってこないであろう金額」。これはいいかな? さっきこども君は…

 
 

「どのくらいのお金が返ってきそうかを予想して、その金額を書く」って言っちゃったけど、違う。返ってこないほうの金額を書くってことだ。

正解。だから、トヨタの貸借対照表の流動資産には、「△1,000」って書いてあるよね? この△は「マイナス」っていう意味だよ。

 
 

ああ、そういうことか。

だから、売掛金とか短期貸付金とか、そういうもののうち、「1,000くらいは返ってこないかな」って予想してるってこと。貸倒引当金の金額をネットした後の売掛金とか短期貸付金が、本当の金額だね。

 
 

ネットって覚えてるよ。意味がよくわかった。

じゃあ、今回はここまで。

めざせ!こどもCFOブログの目次はこちら

 
 
 
 

関連記事

こどもCFOブログ|記事一覧

こどもCFOブログ|アーカイブ

佐和周のブログ

スポンサーリンク