1. HOME
  2. ブログ
  3. こども会計
  4. 第136回 「子会社株式」の前に、そもそも「子会社」ってどんな会社?

BLOG

こどもCFOブログ

こども会計

第136回 「子会社株式」の前に、そもそも「子会社」ってどんな会社?

第136回は、有価証券の保有目的として4つあるうちの最後、子会社株式及び関連会社株式の内容を確認します。と言っても、こども君はそもそも子会社自体の意味を理解していないので、話はそこからです。

会社が持っている有価証券は、その保有目的によって4つに分類されるけど、最初にちょっと「その他有価証券」の話をして、その後、前々回と前回は、「売買目的有価証券」と「満期保有目的の債券」の話をした。で、今日は残りの「子会社株式及び関連会社株式」。

 
 

子会社は半沢直樹で見たから知ってる。親会社と子会社。でも、関連会社は知らない。関連会社って何だ?

じゃあ、子会社ってどういう会社?

 
 

親会社より立場が下の会社じゃない?

(笑) それは完全に東京セントラル証券のイメージだね。

 
 

えー。あれだと、親会社から仕事をもらってたよね。

そうだね。でも、それは子会社の定義とは直接は関係ないかな。子会社がある場合、親会社があるのは分かってるみたいだね。基本的にはその2社の関係を見る。でも、関係といっても、「資本関係」といって、株式をどれくらい持っているかという話。

 
 
 

どういうこと? じゃあ、親会社のほうが株式をいっぱい持ってるってこと?

どの会社の株式のことを言ってる?

 
 

今のは無かったことにして。何でもない。

(笑) 子会社が普通の株式会社だとしたら、子会社は株式を発行してるよね?

 
 

そりゃそうだよね。

じゃあ、その株式を誰が持ってる? こども君はさっき「子会社は親会社より立場が下」って言ってたけど、それは必ずしも正しくない。ただ、子会社は親会社の決めたことに従わないといけない。どうしてだと思う?

 
 

何で従わないといけないの?

まあ、普通子供は言うこと聞かないもんね。

 
 

わはは。

 
 
 
スポンサーリンク

親会社は子会社の株式を持ってる。典型的なのは100%持ってるケースだけど、50%超を持てば子会社になる。実際にはもうちょっと複雑なんだけどね。ちょっと図を描いてみると、A社がB社の株式の50%超を持っていたら、B社はA社の子会社になる。

 
 
 

株式を持ったり、持たれたり、っていう関係はわかった。

じゃあ、なぜ株式を100%持たれていたら、親会社の言うことを聞かないといけないかわかるかな?

 
 

ちょっと考えさせて。あ、親会社が子会社の株式を100%持っていたら、その株式を売れるってこと?

え? 「言うこときかないと、株式を売るぞ!」ってこと?

 
 

わはは。そういう意味じゃないよ。ただ、ちょっとそうかなと思っただけ。

 
 
 
スポンサーリンク

(笑) 会社が何か大事なことを決めるとき、どうやって決めるか知ってる? 会社って、株主のものだよね。だから、株主が決められるはずだけど、上場会社なんかは株主が…

 
 

いっぱいいるよね。どうやって決めるんだろ? みんなで話し合うのかな?

平和的だね。基本的には多数決なんだけど、人数ベースの多数決じゃない。

 
 

わかった! 株式をいっぱい持っているところが決められる!

正解。株式数ベースの多数決だね。だから、親会社が子会社の株式数の50%超を持っていて、多数決になったら、親会社が好きなように決められるよね。そういうのを「支配している」っていうけど。

 
 

あ、そういうことか! だから、言うことを聞かないといけないのか。じゃあ、絶対に親会社が決められるってことだ。

そのとおり。だいぶ前だけど、配当なんかも株主が集まって決めるって話したよね。株主が集まるのが「株主総会」。そこで多数決とかやるんだよね。

 
 

じゃあ、株主総会でいろんな大事なことを決めるんだね。

そのとおり。役員なんかも株主総会で選任するよ。配当のときも話したけど、実際には取締役という役員が「取締役会」というのをやって、会社の中で大事なことを決める。だけど、親会社は株主総会の多数決に勝てるから、子会社の役員も好きな人を選べるよね。だから、子会社の取締役会も基本的に親会社の言うことをきく。

 
 

そういうことか。よくわかった。

こういう場面で、親会社が持っている子会社の株式のことを「子会社株式」と呼ぶ

 
 

へぇー。結構そのままだな。

(笑) 子会社を知らなかったわりに偉そうだな。まあ、いいか。今回はここまで。

めざせ!こどもCFOブログの目次はこちら

 
 
 
 

関連記事

こどもCFOブログ|記事一覧

こどもCFOブログ|アーカイブ

佐和周のブログ

スポンサーリンク