1. HOME
  2. ブログ
  3. こども会計
  4. 第135回 満期保有目的の債券って、いつまで持ってる債券?

BLOG

こどもCFOブログ

こども会計

第135回 満期保有目的の債券って、いつまで持ってる債券?

第135回は、前回に引き続き、有価証券の保有目的について話します。今回は、満期保有目的の債券です。「利息と元本償還のキャッシュ・フローを目的とした投資なので、時価評価しない」というイメージはうまく伝わるでしょうか。

前回は、有価証券の4つの保有目的のうち、1つ目の売買目的有価証券を見たよね。で、今回は2つ目の満期保有目的の債券。最初に4つ目のその他有価証券は見たけど。

 
 

満期保有目的の債券、もうイメージがあるよ。

出たー

 
 

えっと。満期って言ってるから、一事業年度中ずっと持ってるって感じ。うーんと、事業年度じゃないかもしれないけど、ずっと持ってるって感じ。区切りというか、学校だったら1学期の間、ずっと持っておくとか。

1学期(笑) でも、イメージは正しい。実際には、満期というのは、その債券が「償還」されるまで

 
 

え? そうなの?

何か引っかかる?

 
 

いや、長いなと思って。

確かにそうだね。利付国債といって、半年ごとに利子がもらえる国債だと2年とかあるけど、社債とかだとだいたい3年以上だもんね。もちろん、発行からずっと持っていればだけど。

 
 

そういうことか。思ったより長い。

うん。だから、2年の利付国債でも、一事業年度は超えるね。

 
 

ほんとだ。

 
 
 
スポンサーリンク

じゃあ、その債券を満期まで保有するってことは、逆に言うと、その債券は途中で何を「しない」ってことかな?

 
 

え? 何をしないか?

うん。債券って、買うときにお金を払うよね。で、利付国債を例にすると、半年ごとに利子をもらって、最後には元本部分も償還してもらう。つまり、最後にお金を返してもらうってことだよね。

 
 
 

うん。ああ、途中でお金を返してもらわないってこと?

債券の場合、発行している国や会社は、基本的に満期までは償還しなくていい。だから、国や会社に「途中で返してもらう」ということは、そもそもできない。

 
 

え? そうなの。

そうだよ。だから、もし満期より前に債券をお金に換えたかったら、どうしたらいい?

 
 

ああ、売るってことか。

そうだね。売却するってことだね。

 
 

うん、わかった。

だから、満期保有目的の債券は、満期まで所有する意図をもって保有する債券。逆に言うと、満期までの間に売却はできない。

 
 

そう決まってるんだ。

いや、債券自体は売ろうと思えば売れるけど、会社がその債券を取得するときに「この債券は満期まで持ちます」ということを宣言するような感じかな。だから、満期保有目的の債券は時価評価しない。取得原価のまま。ほんとは金利の調整とか細かなことはあるけどね。

 
 

債券の時価ってあるの?

 
 
 
スポンサーリンク

うん。ちょっとややこしいから手短に説明するけど、利子額が一定の固定利付国債というもので考えよう。例えば、1%の利子がもらえる国債があるとする。これはその国債を発行するときにそのくらいの金利だったってこと。それで…

 
 

ああ、そういうことか。じゃあ、その後金利が動くと、時価も動くってこと?

正解。金利が上がれば、固定利付国債の時価は下がる。今なら2%もらえるって状況なら、わざわざ1%の金利しかもらえない国債は買わないよね。逆に金利が下がれば…

 
 

時価が上がる!

正解。固定利付国債ならね。だけど、満期保有目的の債券の場合、途中の時価変動は関係ない。だって、満期まで持つんだから。

 
 

そういうことか。満期保有目的の債券は、利息が高いときに買ったらいいってことか。

そうだね。言い方が難しいけど、固定利付債を買うなら、「これから金利が下がりそう」ってタイミングがいいのかもしれないね。それは満期保有目的の債券に限ったことじゃないけど。

 
 

うん、うん。

 
 
 
スポンサーリンク

だから、売買目的有価証券やその他有価証券は時価評価されるけど、満期保有目的の債券は取得原価のまま。それは時価変動が実質的には影響しないから。もともと、途中で利息をもらって、最後に元本を償還してもらうというキャッシュ・フローを目的とした投資だから、時価評価しないほうが実態に近いんだろうね。

 
 

そこまで考えてるのか。

(笑) 売買目的有価証券も、売買で利益を得る目的だから、評価損益をそのまま損益計算書に反映したよね。そうやって保有目的を尊重して会計処理を決めてるってことかな。じゃあ、今回はここまで。次回は、3つ目の子会社株式及び関連会社株式だね。

 
 

はーい。保有目的によってだいぶ違うということがよくわかった!

めざせ!こどもCFOブログの目次はこちら

 
 
 
 

関連記事

こどもCFOブログ|記事一覧

こどもCFOブログ|アーカイブ

佐和周のブログ

スポンサーリンク