1. HOME
  2. ブログ
  3. こども会計
  4. 第94回 金融資産ってどんなもの?

BLOG

こどもCFOブログ

こども会計

第94回 金融資産ってどんなもの?

第94回は、これまで見てきた棚卸資産や固定資産(有形・無形)に加えて、金融資産の話をします。まずは、金融資産には、具体的にどういうものが含まれるか、についてです。

今日は久しぶりに貸借対照表の話に戻るけど、貸借対照表の左側には資産を書いたよね。資産のリストみたいなものってことで。

 
 

そうだね。

資産の種類としては、棚卸資産とか固定資産は見たけど、それ以外の種類の資産って何か思いつく?

 
 

すごく昔だけど、金融資産の話をしたよね?

そうだったっけ? どういう話か覚えてる?

 
 

えーっと、「現金及び預金」が金融資産だって言ってた。

ああ、そうか。それはそのとおり。金融資産に明確な定義があるわけじゃないんだけど、お金やお金みたいなものが金融資産だね。金融資産には、他にどんなものがあると思う?

 
 
 

でも、資産はお金になるじゃん? 棚卸資産は売ったらお金になるよね?

うん。売れたらお金に変わるね。でも、棚卸資産はお金みたいじゃないよね? だいたい物というか実物があるし。

 
 

硬貨とかお札は現金だから、現金及び預金に入るよね?

うん。そうだよ。現金及び預金の「現金」のほうだね。「預金」は銀行に預けてるお金だよね。預金に近いものは何かある?

 
 

お金を預けてるってことは、返してもらえるものってことか。ということは… えー あー、でも、違うかな。言ってみていい? 全然自信ない。

いいよ。金融資産の範囲自体、完全にはっきりしてるわけじゃないから、別に間違ってもおかしくないし。

 
 

じゃあ、売掛金!

正解。売掛金は金融資だね。金銭債権といって、ちょっと待ったらお金が返ってくる。他に同じようなものはあるかな?

 
 

もらうのはお金?

 
 
 
スポンサーリンク

うん。他に何がある?

 
 

いやー、何か建物とかも返してもらったりするし。

え?

 
 

建物を貸したら、返してもらうじゃん。

ああ、賃貸するってことね。面白い考え方だね。じゃあ、それと同じような話だけど、お金を貸したらどうなる?

 
 

利息が付いてお金が返ってくる。

(笑) そういう話じゃないんだけど、お金を貸したら、会社からお金はなくなるよね。でも、代わりに別の資産になる。その資産って何?

 
 

ああ、貸付金か!

正解。貸付金も売掛金と同じで、金銭債権だね。だから金融資産の1つ

 
 

すごい普通の話だね。それはそうだね。

 
 
 
スポンサーリンク

普通過ぎてすみません(笑) じゃあ、他に金融資産は?

 
 

ボクが知ってるものがある?

うん。あるよ。貸付金に似ているけど、証券が発行されるものかな。お金を貸して、それをもらう。

 
 

株式? あれ? 株式は買うものか。

難しいね。株式は金融資産の1つ。だけど、聞きたかったのはそれじゃない。株式は、お金を貸して、代わりにもらうものじゃないからね。株式に似た金融資産ってない?

 
 

証券が発行されるもの?

そう。有価証券だね。有価証券には、株式の他にどんなものがあった?

 
 

ああ、債券か。

正解。債券も金融資産国債とか社債とか。この話はもうちょっと続くから、今回はここまでにしよう。

めざせ!こどもCFOブログの目次はこちら

 
 
 
 

関連記事

こどもCFOブログ|記事一覧

こどもCFOブログ|アーカイブ

佐和周のブログ

スポンサーリンク