1. HOME
  2. ブログ
  3. こども会計
  4. 第87回 営業レバレッジって言葉、何かかっこいいね

BLOG

こどもCFOブログ

こども会計

第87回 営業レバレッジって言葉、何かかっこいいね

第87回は、変動費の大きい会社と固定費の大きい会社を比べたりして、変動費と固定費の話をまとめます。固定費を把握しておくことの重要性など、伝えたかったことは、ちゃんとこども君に伝わったようです。

ここまで変動費と固定費の話をしてきたけど、話は全部分かったかな?

 
 

数字を使ったらわかりやすかったから、全部分かった。

OK。じゃあ、ちょっと確認してみよう。まず、会社に変動費がどれだけあって、固定費がどれだけあるかは、損益計算書を見てもわからない。これはいいかな?

 
 

うん。

だから、損益計算書とは別の視点で、より細かく見て、いろんな費用を変動費と固定費に分けていかないといけない

 
 

それはしんどい。

 
 
 
スポンサーリンク

(笑) でも、それをやっておかないと困るよね? 今なら、どういうときに困るかわかるんじゃない?

 
 

新型コロナのこと?

いや、そういう意味じゃなくて、なぜ固定費の額を把握しておくのが重要かってこと。

 
 

ああ、そういうことか。それは、この前、固定費はハイリスク・ハイリターンって言ったじゃん。

うん、そうだね。

 
 

だから、固定費の額が分かっていなかったら、売上が下がったときに損失が出やすいこともわからない。だから、売上が下がることに対して準備ができない。だから、景気が悪くなったりしたときに、後になって困る。

「だから」が多いけど、内容としては正しい。固定費の大きい会社はハイリスク・ハイリターンだけど、今みたいに景気が良くないと、リターンよりも、リスクの要素が重要になるよね。

 
 

ああ、そういうことか。

じゃあ、変動費の大きい会社はどう?

 
 

ああ、ローリスク・ローリターンってこと? 変動費なら、景気が良くなって売上が増えても、利益はそんなに増えないけど、悪くなって売上が下がっても、大きな損失が出る可能性が低い。

うん。そのとおり。だから、変動費の大きい会社は、不況でも何とかなるよね。でも、人件費みたいな固定費が大きい会社は大変だよね。人はすぐには減らせないし。

 
 

前回、賃借料よりも減価償却費のほうがマシって、話もしたよね。

うん。同じ固定費でも、減価償却費は単に会計上の費用として固定額が発生するだけだからね。それよりも実際に決まった金額を払わないといけない賃借料のほうが断然つらいよね。

 
 

そういうのは「キャッシュ・フローがある費用」って言えばいいの?

キャッシュ・フローを「伴う」費用でいいと思うよ。賃借料は、「会計上の費用で、キャッシュ・フローを伴うもの」という感じかな。そういう固定費をちゃんと把握しておかないといけないね。

 
 

うん、うん。

あと、今は想像しづらいけど、固定費の大きい会社は、売上さえ伸ばせれば、どんどん利益が出る。だから、ちょっとくらい安売りをしても、どんどん売上を伸ばしたほうがいいよね。ハイリターンの部分に注目すればだけど。

 
 

確かにそうだね。

 
 
 
スポンサーリンク

あと、固定費の大きい会社は、「営業レバレッジが大きい」という言い方もする

 
 

うん?

レバレッジってわかる?

 
 

え?

「梃子(てこ)」のこと。

 
 

てこの原理。

そう、それ。だから、売上が増減したら、利益がそれ以上に大きく増減するってこと。固定費の大きい会社は、営業レバレッジが大きい。

 
 

(てこのイメージを身体で表現)

そう、そう。売上1,000で、費用が固定費800のみの会社って、利益は200だよね。で、売上が2倍の2,000になると、1,200の利益だよね。だから、売上が2倍になれば、利益は6倍ってこと。これがレバレッジのイメージ。この言葉はよく使うから、覚えておいて。あ、ちなみに、売上がもとの8割を切ったら赤字になる。レバレッジだから、プラスの方向だけじゃなくて、逆にマイナスの方向もあるね。

 
 

うん、そのイメージはよくわかる。あ、最後に1つだけだけど、変動費がいっぱいある会社はレバレッジが小さい。それで合ってる?

うん。合ってる。でも、営業を付けて、営業レバレッジって言っておいて。「レバレッジ」とだけいうと、財務レバレッジもあるから。

 
 

へぇー、そうか。わかった。また財務レバレッジも教えてくれるんでしょ?

そうだね(笑) 財務レバレッジも大事な概念だから、だいぶ先になると思うけど、またちゃんと教えるよ。とりあえず、今回はここまで。

めざせ!こどもCFOブログの目次はこちら

 
 
 
 

関連記事

こどもCFOブログ|記事一覧

こどもCFOブログ|アーカイブ

佐和周のブログ

スポンサーリンク