1. HOME
  2. ブログ
  3. こども会計
  4. 第83回 売上原価は変動費じゃないの?

BLOG

こどもCFOブログ

こども会計

第83回 売上原価は変動費じゃないの?

第83回は、変動費と固定費という概念について議論します。損益計算書のことがわかってきたからこそ、損益計算書では見えないものを伝えておきたいという趣旨です。

最近は損益計算書のことを話してきたけど、だいたい分かったかな?

 
 

そりゃわかったよ。

そうか。じゃあ、ちょっと別の話をするけど、「固定費」って…

 
 

聞いたことあるか聞くんでしょ。聞いたことあるかな?

ある?

 
 

固定費、固定費… 最近お父さんが話してるのは聞いたけど。

そうか。じゃあ、固定費の反対は何だと思う?

 
 

あ、固定費はずっとある費用か。じゃあ、単発で発生するものだから、何だろう?

正解は「変動費」でしたー。

 
 

何か考えたら分かりそうだった気もするけど、「動く」ってことか。

そうだね。単純にいうと、売上が動いたときに一緒に動くのが変動費。売上にかかわらず一定額が発生するのが固定費だね。売上は、会社としての活動の水準と考えてもいいよ。会社が頑張ったり、売上が伸びたりしたら、変動費は一緒に増えるけど、固定費は増えない。これでOKかな?

 
 

売上が伸びたら一緒に増えるってことは、売上原価は変動費ってこと?

 
 
 
スポンサーリンク

おー、すごくいい質問だね。ここが大事なところなんだけど、変動費か固定費かは、損益計算書を見てもわからない

 
 

え? 何で? 同じものとして出てきちゃうってこと?

うん。正解の気もするけど、順番に説明するね。いま売上原価の例が出たから、工場で製品を作って、それを売ることを考えてみようか。まず、製品を作るために原材料を買う。この原材料費は変動費かな? それとも、固定費かな?

 
 
 

固定費じゃないよね。だから、変動費。

そうだね。製品1個あたりの原材料費はだいたい決まっているから、売上が伸びれば、原材料費も増えるよね。だから、原材料費は変動費。

 
 

ああ、そうか。そういうふうに考えるのか。

 
 
 
スポンサーリンク

じゃあ、工場で働いている人の給料はどう?

 
 
 

別に売上と一緒には動かない。売上に関係ない。だから、固定費

いい勘してるね。それでイメージはいいと思う。でも、一部は変動費かもしれないね。売上が伸びて工場が忙しくなったら、工場で働いている人は残業するかもしれない。すると、会社は残業代を払わないといけないから、給料も少し増えるだろうね。

 
 

ああ、そういうことになるのか。これは教えてもらわないとわからないな。

(笑) あと、工場が忙しくなったら、アルバイトみたいな人に来てもらったりすることもあるから、そういう意味でも給料ちょっと増えるかもね。だから、工場で働いている人の給料のような人件費は、「基本は固定費だけど、ちょっと変動費みたいな要素もある」という感じで捉えておいて。

 
 

OK。

 
 
 
スポンサーリンク

じゃあ、工場を持っているときの減価償却費とか、場所を借りているときの…

 
 

賃借料。賃料。

はい、はい。じゃあ、価償却費とか賃借料は変動費? 固定費?

 
 

どっちも売上が増えても増えないから固定費。

正解。新たに設備投資したり、新たに場所を借りたりしないと増えないから、少なくとも短期的には固定費だね。じゃあ、いままで話してきたことを振り返ってみて。工場がその製品を作って売ったときの売上原価は変動費? それとも、固定費?

 
 

えー、売上が増えたときに売上原価は増えるけど…

それは計算上そうなるだけだよね。今まで話してきたことからすると、売上原価のベースになる製造原価のうち、明らかに売上と一緒に動くのは原材料費だけだよね? だから、売上原価が変動費とは言えないね。すっきりしないかな?

 
 

うーん。

じゃあ、このあたりは面白いと思うから、次回もうちょっと話そう。

 
 

ありがと。楽しみにしてる!

めざせ!こどもCFOブログの目次はこちら

 
 
 
 

関連記事

こどもCFOブログ|記事一覧

こどもCFOブログ|アーカイブ

佐和周のブログ

スポンサーリンク