1. HOME
  2. ブログ
  3. こどもファイナンス
  4. 第74回 TOPIXだけじゃなくて、日経平均も気になる

BLOG

こどもCFOブログ

こどもファイナンス

第74回 TOPIXだけじゃなくて、日経平均も気になる

第74回は、前回のTOPIXに続いて、日経平均の話をします。ただ、こども君の興味が上場基準に移ってしまったので、ついでにそういう疑問にも答えていきます。

前回は主にTOPIXのことを話したよね。ちょっと難しかったけど、わかったかな?

 
 

TOPIXのことはよくわかった。

じゃあ、TOPIXと同じようなものだけど、もう1つ、ニュースとかだと、「日経平均株価」とか言ってないかな?

 
 

言ってる! それも聞こうと思ってた。 日本の経済か何かじゃないの?

「日経」の部分は、たぶん「日本経済新聞(社)」のことだと思う。そういう新聞があるんだよ。経済のことがそれらしく書いてある。会計の話なんかは、ちょっとそれらしく書くのが難しいみたいだけどね。

 
 

へぇー、そんなのがあるんだ。でも、日本と経済は合ってた。

(笑) 無理やり言うとそうだね。で、日経平均株価は、単に「日経平均」って呼んだり、「日経225」って呼んだりする。

 
 

え? 平均が225なの?

いや。これもTOPIXと同じく株価指数なんだけど、TOPIXは東証一部に上場している日本の会社の株式の全銘柄だったよね?

 
 

うん。

でも、日経225は、そのうち選ばれた225銘柄だけ。日本を代表するような大きな会社が選ばれてるってこと。

 
 
 

ああ、そういうことか。じゃあ、東証一部にいる会社で、すごく大きな会社になったら、日経225に選ばれるってこと?

うん。そういうこと。だから、銘柄の入れ替えがあるよ。新たに大きくなった会社が入って、小さくなった会社が外れる、とか。ほんとはちょっと違うけど、だいたいそんな感じ。

 
 

ああ、そうか。

だから、日経平均株価というのは、TOPIXに比べると、特に大きな会社の株価の動きをみるための指数だね。TOPIXと同じ方向に動くことが多いけど、必ずしも同じように動くとは限らない。だから、ニュースでも両方見るんだと思うよ。

 
 

確かに言われてみると、ニュースで見るときは、両方同じ方向に動いてると思う。

じゃあ、これで株価指数の話はいいかな? 株式市場全体の動きを見たいときに見ればいいよね。

 
 

今度からニュースの見方が変わる。ありがとう!

 
 
 
スポンサーリンク

あとは何か気になることある?

 
 

うん。どうやったら株式市場に上場できるの?

そこが気になるか(笑) 証券取引所が「あなたのところは、ちゃんとした会社だから、上場してもいいですよ」と言ってくれたら、上場できる。上場するためには、色々な基準があって、ちゃんとした会社じゃないと上場できない。そういう「上場審査」ってものがある。

 
 

例えば、どんな基準があるの?

簡単にいうと、上場するときの見込みの株主数とか株式数が一定以上じゃないといけない。時価総額も。あとはちゃんと利益や純資産もいっぱいないとダメ。しかも、貸借対照表とか損益計算書とか、そういう書類をちゃんと作れる体制を持っておかないといけないね。新規に上場するのは結構大変だよ。

 
 

うわぁー、すごい大変そう。

うん。まずは会社として、ちゃんと事業を続けて利益を出して、純資産を積み上げていかないといけないけど、それだけじゃなくて、ちゃんと会社の中の体制も整えないといけないからね。上場会社は、株主とかに「今期の利益はこんな感じでした」とか決算発表しないとダメだから、ちゃんと数字が出せない会社は上場できない。

 
 

ああ、あんまりミスばっかりする会社はダメなんだね。

うん。貸借対照表で「持ってる」と言った資産が実在しなかったり、損益計算書で「これだけ利益が出ました」と言った利益がウソだったりしたら、そんな会社の株式は買えないもんね。

 
 

信用できないもんね。信用できない会社は、上場させてもらえないってことか。

うん。そんな会社がいたら、証券取引所が嫌だからね。だから、審査で落とされる。じゃあ、今回はこれでいいかな?

 
 

ちょっと気になってたんだけど、上場してた会社が非上場になることはあるの?

うん。上場を維持するためには基準があるから、それを満たせなければ、「上場廃止」といって、もう一度非上場に戻ることはあるよ。

 
 

わかった。ありがと。

OK。じゃあ、また次回ね。

めざせ!こどもCFOブログの目次はこちら

 
 
 
 

関連記事

こどもCFOブログ|記事一覧

こどもCFOブログ|アーカイブ

佐和周のブログ

スポンサーリンク