1. HOME
  2. ブログ
  3. お父さんの独り言
  4. お父さんの独り言㉗ こども君は英語を教えてほしいらしい

BLOG

こどもCFOブログ

お父さんの独り言

お父さんの独り言㉗ こども君は英語を教えてほしいらしい

今回は、「お父さんの独り言」ということで、このブログの今後の進め方について書きたいと思います。

 

今後のこどもCFOブログの進め方

一応、会計の話が一段落したので、こども君にはまず「このブログを続けるかどうか」を聞きました。

答えは、「続けたい!」とのことで、これは半分予期されていた答えです。

なぜなら、ブログが無くなると、こども君は借金を返済できなくなるからです(詳細はこちら)。

次に、「テーマを何にするか」をこども君に相談したところ、「英語を教えてほしい!」とのことでした。

ふと思ったのですが、こども君が自分から、私に何かを教えてほしいと言ったのは、これが初めてのような気もします。

少なくとも、あんまり記憶にはないです。最近は何でもすぐ忘れるので。

 

こども君の英語力

以前にも少し書いたことがあるのですが、こども君は昔、英会話学校に通っていました。

他のみんなが先生にファースト・ネームで呼ばれるなか、こども君だけBobと呼ばれており、英会話教室でも先生に食いついていたようです。

そこでキャーキャー言いながら英語を教えてもらっていたので、ある程度英語の素養はあります。

もちろん、ちゃんとした教育は受けていないので、かなり知識は偏っていますが。

スポンサーリンク

 

行き帰りの雑談

また、私がこども君を英会話学校に送り迎えするときは、英語のことを雑談しながら歩いていました。

「今日、どんなことやるの?」とか聞いて、その内容を先回りして教えていたので、そういう知識も蓄積されているはずです。

なお、私が行き帰りの道で重点的に教えたのは文法です。

これは英会話で教わることの補完という意味合いです。歩きながら話しただけですけど(笑)

 

特に文型

文法のうち、特にしっかり教えた(教えようとした)のは文型です。

文型は、英文の骨子なので、それが分かっていないと、この先ずっと苦労するからです。

なので、歩きながら、英会話で習った(習うであろう)文について、「その文、何文型?」と質問するのが恒例でした。

こども君はクイズが大好きなので、キャーキャー言いながら、2人で歩いていました。

本人たちは楽しんでいたのですが、「SVOC!」などと言い合いながら歩く親子は異様な光景だったと思われ、周囲に迷惑がかかっていないといいなと切に願っています。

 

次回以降の予定

次回以降ですが、テーマは英語ということで決定です。

ただ、具体的に何をやりたいかは聞いていないので、こども君のその場のノリで決めたいと思います。

今日はここまでです。

では、では。

 

関連記事

こどもCFOブログ|記事一覧

こどもCFOブログ|アーカイブ

佐和周のブログ

スポンサーリンク