1. HOME
  2. ブログ
  3. お父さんの独り言
  4. お父さんの独り言㉔ こども君との約束事

BLOG

こどもCFOブログ

お父さんの独り言

お父さんの独り言㉔ こども君との約束事

今回は、「お父さんの独り言」ということで、こども君の近況について書きたいと思います。

 

勉強は教えない

私はこうやって、こどもCFOブログでこども君と遊んでいますが(遊んでもらっていますが)、こども君にはほとんど勉強は教えません。

それは、どうせある程度の年齢(高校生とか)になったら勉強しないといけないし、たぶん一生何らかの勉強は続けないといけないので、いまのうちに好きなだけ遊んでおいたほうがいいと思うからです。

自分はそうやって育ってきて、そのやり方がベストではないにしても、それでよかったと思っています。

 

けど、教育はしてる

ただ、「勉強を教えない」というのは、「教育しない」という意味ではありません。

1つには、日常生活でこども君と話すときに、常にこども君のことを観察しています。

わざと難しい言葉を使って、反応を見てみたり(前回の例では、「決済」や「介在」など)。

普段の会話でレベルを確認して、問題があれば、伝えるべきことは伝えます

 

こども君との約束

そのために、まずはこども君の話をよく聞きます(いっぱい喋るので、聞くだけでも十分疲れます)。その上で、こども君の話の文脈に沿って、新しい情報を与えてみます。

こども君とは、わからないことはその場で質問する約束になっているので、分からなければ聞き返してきます

また、教えてもらったことは、メモを取らずにその場で覚える約束になっています。いろんなことを、必然的に文脈とセットで覚えるので、たぶん教科書なんかで見るよりも、よっぽど頭にも残りやすいんじゃないでしょうか。

以下の記事に書きましたが、最近、こども君は日本語の重要性をよく理解しているので、「ちゃんとした日本語を使うこと」に対して、より意欲的になってきた気がします。

お父さんの独り言㉒ こども君、総理の会見から国語の重要性を知る

 

ずっとしんどい

教育の仕方は家庭によって違うはずですが、どうやったとしても、ラクに教育できるなんてことはないように思います。

「楽しいけど、しんどい」というのが、私の子育ての実感です。また、子供の成長に合わせて、しんどさの種類も変わってくるので、親はずっと大変で、「楽しいなあ」というよりは、「楽しかったなあ」と何とか振り返れるくらいでしょうか。

奥さんの両親にも、自分の両親にも、改めて感謝しないといけないなと思います。

今日はここまでです。

では、では。

 

関連記事

こどもCFOブログ|記事一覧

こどもCFOブログ|アーカイブ

佐和周のブログ

スポンサーリンク