1. HOME
  2. ブログ
  3. 雑感
  4. 公認会計士・税理士が独立することの3つのメリット

BLOG

佐和周のブログ

雑感

公認会計士・税理士が独立することの3つのメリット

週末なので、雑談です。

「身の上話」シリーズ

ここ数か月、ちょっとずつ身の上話を書いてきました。

流れとしては、以下のような感じです(それぞれの記事へのリンクです)。

こういうテーマの記事は、よく読まれているんですが、どういう方々が読んでおられるんでしょうか。

ちなみに、同業者の皆さんから頂いた反応は以下のような感じです。

  • 本当のことを書いているはずなのに、驚くほど参考にならない
  • もうちょっとキャリアのことを真剣に考えていると思っていた
  • 監査法人は嫌いで、税理士法人は好きなんですか?
  • おおむね好評と言っていいと思います。

    スポンサーリンク

     

    今回は「独立すること」のメリット

    ということで、今日は最後、独立することのメリットを書いて、このシリーズも終わりにしたいと思います。

    結論からいうと、私が考える独立のメリットは以下の3つです。

    (1) 時間を自由に使える
    (2) やりたくない仕事は断れる
    (3) プライベートとのバランスをうまく保てる

    以下、順番に書いていきます。

    (1) 時間を自由に使える

    独立することの最大のメリットは、時間を自由に使えるようになることだと思います。

    もちろん完全に自由ではないですが、監査法人や税理士法人に勤務しているときと比べると、格段に自由度が高いです。

    個人的にこの要素が重要なのは、自分の裁量で、知識のインプットに充てる時間を確保できるからです。

    会計や税務の分野は、深く考えるような問題はそれほどなく、単純に「答えを知っているか、知らないか」だけの問題が多いのではないでしょうか。

    そのため、私のような仕事だと、可処分時間の一定割合は自己研鑽に充てるのが効率的です。つまり、先に知識をインプットしておいて、それを実務で使っていくイメージですが、独立すれば、こういう戦略はある程度可能です。

    一方、監査法人や税理士法人に勤務していたときは、日常(というか、ペーパー・ワーク)に忙殺されて、知識のインプットが遅れることが少なからずありました。実務で問題に直面してから焦って考えるということで、泥縄的な感じですね。

    これに限ったことではなく、独立すると、時間の使い方の自由度が増して、仕事の効率を上げられると思います。みんながみんな、そうだとは思いませんが、多くの人が(紆余曲折を経て)そうなるんじゃないでしょうか。

    スポンサーリンク

     

    (2) やりたくない仕事は断れる

    もう1つ、独立の大きなメリットは、やりたくない仕事を断れることです。

    「ポリシーに反する仕事はしなくていい」というのは、精神衛生上、この上なく好ましいことだと思います。

    また、仕事内容だけではなく、「クライアントのカラーと合う、合わない」という要素も重要な気がします。

    法人勤務の場合でも同じですが、みんな人間なので、「このクライアントには行きたいけど、このクライアントには行きたくない」というのがあるんじゃないでしょうか。

    どこの法人にも「あからさまに特定のクライアントにだけ行きたがるパートナー」はいると思いますが、自分に正直に生きようとすると、そうなるということなんでしょう(普通は「正常なバランス感覚」がそれを妨げてしまいますが)。

    もちろん、仕事を断るということは、経済面での犠牲を伴います。でも、それを差し引いても、「やりたくない仕事をやらなくていい」っていのは本当に最高ですよ。それだけで毎日が明るくなります。

    スポンサーリンク

     

    (3) プライベートとのバランスをうまく保てる

    最後に、独立すると、自分で様々な事柄の優先順位を付けやすくなります。そのため、仕事の時間とプライベートの時間のバランスも保ちやすくなると思います。

    最も大きな要因は、上司がいないということでしょうか。

    独立して感じるのは、「いい上司(以下「A」)がいないことは、自分の成長にとってマイナスだ」ということです。私の場合、それだけ、いい上司に恵まれてきたんだと思います。でも、それ以上に感じるのは、「Aを除く上司がいなくて最高だ」ということです(危ないことを言いそうなので、表現を工夫)。

    仕事の期限の約束は、基本的に外(クライアントであったり、出版社の方々であったり)との間です。逆にいうと、それさえちゃんと守っていれば、あとは自分で時間のやりくりができます。

    つまり、仕事とプライベートを合わせた選択肢のなかから、優先順位を付けられるということで、例えば「今日は仕事を早めに切り上げて、子供といっぱい遊ぼう!」というのもアリです。

    私の場合、仕事の時間単価は決まっているので、すべてを金銭的に評価できます。そのため、優先順位を付けるのも容易です。例えば、「この仕事をやらずに、子供と遊ぶ時間に充てたんだから、思いっきり遊ぶぞ!」みたいなポジティブさは、独立して初めて得られた気がします。

    そういう気分転換が、また仕事をするときの集中力の向上につながるんですよね。

    スポンサーリンク

     

    最後に

    こうやって書いてくると、独立するといいことばかりのようですが、実際にはそうじゃないときもあります。特に独立当初は、本当に不安だと思います。

    そこからうまく軌道に乗せるいい方法を私は知らないので、それについては何も書けません。

    なお、周りを見ていると、収入の面は多分増える人が多いんじゃないでしょうか。ただ、それを経済的なメリットと言えるかどうかはわかりません。いつ仕事が無くなるかわからないという意味で、法人勤務よりもハイリスクなので、ハイリターンであってしかるべきだからです。

    特に、今みたいなご時世では、法人勤務の安定性のメリットも大きいと思います。独立に最適なタイミングを見極めるのも難しいですね。

    ということで、この記事については、「独立すると、いいこといっぱいありますよ」という趣旨で捉えて頂ければと思います。

    今日はここまでです。

    では、では。

    この記事を書いたのは…
    佐和 周(公認会計士・税理士)
    現 有限責任 あずさ監査法人、KPMG税理士法人を経て、佐和公認会計士事務所を開設。専門は海外子会社管理・財務DD・国際税務など。東京大学経済学部卒業、英国ケンブリッジ大学経営大学院(Cambridge Judge Business School) 首席修了 (MBA)。詳細なプロフィールはこちら

      

    関連記事

    佐和周のブログ|記事一覧

    こどもCFOブログ|LINK

    スポンサーリンク